« 2008年10月 | トップページ | 2009年1月 »

2008/11/26

この親知らず!!!!

女は出産を終えると痛みや苦しみに更に強くなる。

怪我してもバスケで走り回り、(だから一ヶ月以上治らない。)
風邪を引いても小太郎いるから動き回る。(だから三週間以上治らない。)

我は感づいてしまった。
強くなったというか、鈍くなっとる。

ダンナなんか36度後半で『ヒー!熱だー!!』とか騒ぐのに。
そういや、うちの父ちゃんも風邪引きゃ大騒ぎしてたな。

でも実はこのアホっぽい痛みに素直な方が全然早く治るんだ。

母ちゃんは風邪引いても、
家の掃除だ~、ご飯だ~、風邪移した当人の看病だ~が当たり前なかんじだった。
『ママが風邪引いても誰も看病してくんない!!』
って怒ってたのをふと思い出したよ。

なんてボケーっと家の掃除しながらいろいろ考えてたら、
つぎの瞬間なぜかおいらは歯医者にいた。

『親知らず抜きたいとのことですが、今日クリーニングだけして次とかでも大丈夫ですよ?』

えーっと、なぜ親知らず抜きにきたの?おいらってば。
こんなに熱あんのに、なんで更に痛いことしなきゃいかんの??

歯医者に電話したとき、熱で完全にラリってたらしい。

そん時の自分の考えを予測するに、今こんなに辛いんだから、
痛いことしてもあんまダメージにならんのではというかんじだろうか?

自分で自分が不可解。摩訶不思議。

ラリって電話したのでおうち帰ります、なんて言えないし。
来ちゃったものは仕方ない。

また次なんてめんどいから、『抜いてくれ。』と潔く腹をくくった。

なんか金属の棒だかヘラだか突っ込まれてグリグリギリギリガキッ!!
ってされて、その後ペンチで引っこ抜かれて終了~。

人が言うほど全然痛くなかった。
(熱で全てが麻痺してるせいもあるが。)

一気に4本やっちゃってもかまわんくらいの余裕さだったが、
顔が変形したら困るのでとりあえず一本にしといたよ。

つーか、その下の親知らずも抜くハメになりましたが、
次回正気ん時抜いたらメチャクチャ痛かったりして・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2009年1月 »