« 今となっては遠い思い出 其の一 | トップページ | 幸せだねぇ。 »

2007/06/07

今となっては遠い思い出 其の二

当時、仕事が終わると毎日こんなかんじだった。

店長が帰ったところを見計らって、スタッフ再び店に集合。

そうです。
店の中で恒例の飲み会が始まります。

お疲れビールなんてかわいいもんではありません。

3~4人程度のメンツなのに、兵揃いの為、
ビールが一樽、平気で無くなります。

しかもビールの後は各々、好みの世界に走る。

それがほぼ毎日と言っていいほど開催されるので、
店は赤字経営の末、潰れました。(マジ)

ちなみにスタッフの中で、女は自分一人。
実は自分はそこまで酒を飲む方ではなかった。
酒は好きだったんだけどね。

このバーで仕事するようになってから、周りの男共に負けたくない一心で、
吐いては飲み、吐いては飲みの猛特訓の毎日。

朝方、通勤による人の流れと真逆に進むアウトロー生活。
爽やかなはずの朝日が、とても不快。

しかも自分の地元には、24時間営業の飲み屋がある。
(店の主人の気分で閉まっちゃう時も多々あるが。)

普通は営業時間上、さぁ、ここでおひらきのはずが、
気分転換にと店移動ができてしまうのだ。

時にはボートの上で飲み、時には踊りながら飲み、
時には公園で鳩につつかれつつ飲み・・。

そんなことを、5年は続けていたかな。
そんなこんなの日々を送っていれば、そりゃぁ失態もある。

いつものように朝を向かえた時だった。
結構泥酔してた訳。

チャリで帰ってたはずなんだけど、途中で力尽きたんだろうね。
チャリ乗った格好のまま、パタリってかんじで歩道で寝ちゃったの。

たまたま帰り道だったのかしらんが、地元の友達が捕獲して
おうちまで送ってくれたらしいんだが・・・・。

後日のその友達の話では、
酷いことに、わしゃブラ持ってチャリまたいだまま倒れていたらしい。
(恐らく家についたと思い込んで外しちゃったんだろう・・・。)

そして朝の8:00という、バリバリの通勤タイムの歩道に倒れているために、
ビシッとスーツを着こなした方々が、お前を見ないように通り過ぎていた状況だったと。

我ながら、酒に酔っていたとはいえビビッタ。

そのわしの寝てたとこって、
冗談のような話だが、当時付き合ってた彼氏の会社の前だった。
(狙ってた訳でなく、偶然にも帰り道なんだな。)

その数日後、生涯で初めてフラれた訳だが・・・。

やはり、わしを見ないように通り過ぎて行ったうちの一人に入っていたのだろうか。
未だに真相は不明です。

続く

|

« 今となっては遠い思い出 其の一 | トップページ | 幸せだねぇ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11536/6635603

この記事へのトラックバック一覧です: 今となっては遠い思い出 其の二:

» この判断により [ナラティワ]
社会 民間人は今年 サンタが街にやってきた [続きを読む]

受信: 2007/06/13 15時33分

« 今となっては遠い思い出 其の一 | トップページ | 幸せだねぇ。 »