« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006/10/31

三ヶ月目の困ったこと

しかしだ。

子が我が身に宿った喜びの裏では、
東京に帰らなければという現実がなかなか受け入れられない始末。

まだ沖縄来て一年しか経ってないぞ。
仕事もいよいよこれからなんだぞ。

しかもだ。
子供ができるからこそ、こっちの生活がいいんだってば。

自分が沖縄に来て間もない頃、
平気で子供だけで畑やそこいらで遊んでいることに
とてもびっくりしたもんだ。

特に自分が今済んでいるところは田舎なもんで、
家に鍵をかけないのが当たり前なんておうちもある。

『あっぶねーなぁ~。』
って思ってたのはほんの数ヶ月。

すぐにこの田舎暮らしに慣れたというか、
元々都会の雑踏が苦手だったのかは定かではないが。
私の中ではこれが普通になった

っていうかこれが本来の形であるべきだよね。

だってさ、今の東京って遊ぶ場所も少ないことながら、
子供だけで遊んでるっていう状況絶対ないもん。

家から一歩出りゃ車はガンガン通るし。
そりゃ、危ないわぃ。

変なヤツ多いのも確かだしね。

外がダメなら家の中。
とはいっても、一軒家でもない限りそうそう思いっきり遊べないよね。
だからゲームだの、パソコンだのってなっちまうんだべ。
おもちゃなんかあげなくても、
自然の中に遊べるものはいくらでもあんのにさ。

自然の中で遊ぶにも、自然がねーだよ!!
たけービルで青空も見えねーんだよ!!


とはいってもだ。
相方が仕事上どうしても東京を離れられないので
あーだこーだ言ってても仕方ない。

とりあえずは東京リターンの決意。
でもあと半年は沖縄生活粘ってやる!!

だって知ってる?
妊娠してから、わしったらただの一度もつわりがないのさ。
妊娠して生活的に何が変わったって、よく寝るようになったくらいかな。
飯もいつも通り食えるし。
体は普通な分、体調とか自己管理が大変だども。

つわりってストレスの度合いと比例するんだって。
だからこの暮らしが胎教にも自分の体調にもいいはずなのだ。

仕事も自分のペースでできるしさ。

まだこっちでやり残した事は多々あるだよ。
どーせ来年半ばっ頃にはガキつきっきりの生活になるんだから!

もうちっと好き勝手やらしてもらうべだ!!

腹の中で残り少ない沖縄ライフを母と共に楽しむがよいぞ、我が子よ!!

|

2006/10/27

二ヶ月目の輪廻転生

さてさて、一ヶ月前にさかのぼってみませう。

妊娠発覚時、自分といえばなんとも驚きの淡白さだった。
検査薬での陽性を目の当たりにしても、
焦ることも喜びもなく、『フーン。』ってかんじ。

実感ってのがまるで湧かなかったんだな。

数日後近所の産婦人科に行った訳だが、
いつもの短パンノースリ&ボンバーヘッドという場違いな出で立ちの上、
待ち時間はDSのマリオ三昧。

患者さんや看護婦さんの視線が『こいつ絶対性病だ・・・』
といわんばかりの視線。(笑)

そんなこんなで一時間以上は待たされ、
マリオに飽き飽きしてきたころ、やっと呼び出し。

診察室にそびえ立つ、忌々しいあの椅子。
今でも慣れない。
なんかあれに座るとだ、屈辱的な敗北感を毎度の如く味わせられる。

とはいっても、座らないとマイベイビーにご対面できないわけだ。

236195987_101_1

二ヶ月目のベイビーさね。
袋ん中にあるタマゴみてーなのに、黒い点があるっしょ?
こいつが心臓。

こんな訳分からない状態なのに、心臓がしっかり装備されとるだよ。

生命の神秘ってのを目の当たりにした瞬間、
同時にやっとおいらかーちゃんなんだーって実感がやっとこさ湧く。

家に帰ってかーじゅーといつもの様に戯れる。
実はこの後なんだよね、かーじゅーが家を出てしまったのは。

妊娠発覚後、実家とか彼氏らに電話すると口々に早く帰って来いといわれる。
まぁさ、当たり前のことかもしれんけどさ・・・・・。

考えたくなかったけど、考えなければいけなくなってしまった時期が来たわけだ。

同時にかーじゅーの事ももちろん考える。
東京に一緒に・・・って考えるも、出会った当時はノラだった訳だし、
自由奔放なうちなーんちゅニャンコなのが事実。

東京の狭い部屋に閉じ込めて、外にも出れない状況ってのは
果たしてかーじゅーにとって幸せなのか・・・・。

うちの近くはとっても田舎なものだから、
飼い猫だろうが、飼い犬だろうが勝手気ままに自由にお散歩している。
ネコってのは飼い主が断定しにくい上に
伝染病の心配もないので保健所に引き取られるってことは稀らしいし。

幸いかーじゅーはうちのアパートのアイドルなので、
うちからのご飯がなくなろうとも、
食いっぱぐれる心配はゼロ。

実際、この一ヶ月わしはご飯あげてないのに、
たまに顔出ししに来る時のかーじゅーはちゃんと食べれてるかんじ。

沖縄の自然の中、ぴょこたん遊んでるかーじゅーのが明らかに幸せか。

でも自分が寂しいばっかりに、
共に東京への選択肢も消えないままその日が来た。

かーじゅーが消えた日。

あれから二ヶ月近く経つわけだが、
かーじゅーは二回ほどうちを訪れている。

共に10分程の短い訪問。
各部屋をぐるっと回って、おいらの膝の上で休息をとってから旅立つ。

今思えば、かーじゅーなりに察したのだろうか。

『もうショーは一人じゃないから大丈夫にゃ。
わしゃ沖縄での生活のがいいんにゃよ。
たまに様子見にきてやるからにゃ。』

ってなかんじなのかな。

そういやかーじゅーって、
ちゃむがいなくなっちゃう一ヶ月前にフラっと現れたんだよな。
そんでベイビーがきてから一ヶ月で去った。

なんかスゲーな、かーじゅー。
かーじゅーって実は天使なのかも・・・・・。

|

2006/10/23

ネタがない・・・・

最近めっきり更新がないなぁ・・・。
だってネタがねーんだもんよ。

かーじゅーも相変わらずだし・・・・。

あ、ちなみに昨日フラっと帰ってきたのだが、
画像に収める暇もなく、またどこかへ旅立ってしまいました

本当に奴は何しに帰ってきてるのだろう・・・・。
完璧な不良息子になっちまったな・・・・。ヤレヤレ

つーか、なんでネタがねーかっていうとだね。
調度かーじゅーの旅立ち第一弾辺りから、
なんせ今までのように活発に動けない状態になったんだな。

動いてないんだもん、そりゃ何もねーっつーのよ。

なんでかっつーとだよ、
サラっといっちまうけども、おチビさんができたんだよ。

近所のチビに加えて、8匹目
いや、かーじゅー入れたら9匹目だ。
只今四ヶ月を経て、わしの腹んなかでメキメキ巨大化しております。

思い返せばだ、
わしがメチャクチャ動きまくってた夏にはすでにいたわけだ。

ブログを見返して見れば分かるが、
彼氏が来て酒びたりの日々&ダイビング+
エイサーで一日中踊りまくって~ってのを一週間程+
崖からダイビング&流血+
単車は常。

こんな壮絶な環境の中、見事着床できたコイツは、
わしよりはるかに強い生命力を持ってこの世に生まれてくることは間違いないだろう。


といううことで安静にしてなきゃいかんので、
不服ながら毎日大人しく生活している。

・・・沖縄に来てかーちゃんになるとは夢にも思わなんだ!!

ということで、そろそろ安定期も近いことですし。
これから、振り返りつつ少しづつ記事にしてこうかと思いますことよ。

では、また!

|

2006/10/13

・・・・・・・?

かーじゅーの蒸発から早くも三週間経った。

冷蔵庫に入ってるいっこうに減らない、かーじゅーのかんかん。
冷蔵庫を開ける度、目に入る度に寂しさが募る

空けてしまったかんかんは、流石にもう捨てた方がいいだろう・・・・・・。
その行動すらも、捨てたらもう帰ってこない気がして出来なかった。

・・・・・と、思っていた矢先。

「ニャー・・・・。」

!!!!!!!!!!!
この声は!!!!!
かーじゅううううううううううううう!!!!!!!!!


久しぶりの抱擁。
温かい・・・・・・・・・・。

感動してる場合じゃない。
お腹空いてるだろうね、ご飯にしようね。

ご飯食べさせて、また抱擁。
やっと心が落ち着いてきた・・・・・・・・。

落ち着いたら、なんかかーじゅーの匂いが変なことに気づく。
なんかスンゲーオヤジの匂いがする・・・・・?

あれ・・・?
びっこひいてるぞ・・・?
抱き上げて足を見ると、内太ももから足首までのひっかき傷。

あれれ・・・?
よく見りゃ、鼻にもひっかき傷。

なんか顔立ちが大人びたというか・・・・・。
なんか・・・・・、かーじゅーかっこいくなった・・・?
な、なんか・・・・・、男らしくなった・・・・・?

抱擁からつと離れると、玄関に向かってじっと座っている。
やっと帰ってきたのに、もうどっか行っちゃうの?

「かーじゅー?」
声をかけても、振り向かない。
じっと玄関の方を見ているだけだ。

その何も言わない背中はこう語っているようだった。

「おみゃーが心配してる思うてから、少々顔見せに来ただけにゃー。
おりゃー、まだ旅の途中だにゃー。
また旅立たねばならぬにゃー。
止めるにゃー!!
男には戦わなければいきゃん時があるんにゃー!
ドアを開けるんにゃー!」

自分は、その小さな男の背中が遠のいて行くのを黙って見送った。

翌日かーじゅーの泣き声は、
一日を通して一度も聞こえなかった。

夢をみてた感じだ・・・・。

でも確かにかーじゅーは帰ってきた。
かんかんの中身が減ってるもの。

夢じゃないんだ・・・・・。

かーじゅー・・・・・・・。
またちゃんと帰ってきてくれるよね。
待ってるからね・・・・?

・・・・・と、しんみり語ってみたが。
実際の本音はこう↓

おまぃは本当に何しに帰ってきたんだよっ!!
ふらふら、放浪しやがってバカネコがぁ~!!!!!
このスケコマシ、不良猫!!!!!!

|

2006/10/08

・・・・・。

お久々です。






かーじゅーが蒸発した。

いなくなってからもう二週間近く経つ。

なんでだ。
わしにはお前が必要なのに・・・・・・。

早く戻って来い。
バカタレ。

|

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »