« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006/09/28

衝撃的

またまたかーじゅーネタ。
最近こればっかだ。

まぁいっか(笑)

今日とても天気良かったので、
かーじゅーをお洗濯しました。

流石にホコリくさくてたまらんかんじだった。
しかも昨日玄関前にねずみがご臨終してたし。
他ではわからんが、うちでは初お風呂だな。

逃げようとはするけど、暴れない。
引掻いたりもしないし、噛み付きもしないしイイコやん。
なんかションボリしてるっぽいかんじだけどww

ただ泡ついたまま抱きついて離れないので、
洗い流すとき自分も一緒に服ごとズブ濡れでした・・・・。

Nail20_001

Nail20_003

どうしても犬も猫もひとまわりちっちゃくなっちゃうねwww
顔がホッソリしてるぞ、かーじゅーwww(笑)

っていうか自分が衝撃を受けたというのは、
ぶっちゃけかーじゅーの入浴姿ではないのだ。

以前の自分だったら、
ホッソリと変身したかーじゅーでも充分満足感を得れたはず。

でもだめだ・・・・・。
甘かったよ、かーじゅー。

お前は普通過ぎたんだ・・・・。

とあるサイトを覗いてたら衝撃画像が目に飛び込んできた。
あまりに衝撃的過ぎて、しばらくフリーズ。
その後笑いが止まらなくて、危うく酸欠になりそうになった。

恐ろしいやつだ・・・・・。

皆様じっくりと見てあげてください。
ネコの世界にはお風呂にいれるとこんなことになってしまう子もいるのです。

こいつ。↓

2006052346_1044051731

マジヤッベーよ!!
なんだこいつ!!!!!!
悲劇的表情過ぎる!!!!
本当にネコなのか、コイツはwwwwwwwwwwwwwwwww

「ごごごごご主人さま・・・!!
こここここれ以上、わたしになにを・・・・・・・!?」

きっとこんなこと言ってるのだろう・・・・。プププ
あー、腹イテー・・・・

|

2006/09/25

何してンの? PART2

Nail19_001_1

↑押入れの洋服とかタオル入れてるところ。

なんか変なもんが・・・・・??

Nail19_002

・・・・・・・・。

Nail19_003

なんかこの画像さ、着ぐるみ着たおっさんみたいじゃない?
胴体が人間の胴体みたい、顔すげ替えたかんじ。
(この場合もアイコラといっていいのだろうか。)

ケツと、このポーズが・・・・・なんとも言えないかんじなんですけど・・・。
なんか、見覚えがあるなぁ・・・。

なんか・・・・なんかムズムズする・・・・。

Itisann

ヤベ(笑)
我慢できずに、やっちまった・・・。

すまんかーじゅー・・・・。

|

2006/09/17

何してンの?

Nail16_001

なんだこれ、なんだこれwwwww
こんなもん買ってきた覚えはないんだが・・・・・。

Nail16_002

ほんまにすっぽりだな・・・・・、顔が見えやしない。
温室気分でも味わっているんだろうか・・・・。

Nail16_003

お、いた(笑)
チキショー、超かわいーじゃねぃかよぉおおお!!!

かーじゅー激しくラブ!!

|

マジやめて リバイバル

またもや恐るべき事態が起こってしまった・・・・。
以前のブログで書いた「マジやめて」の記事。

リンク飛んで二個目の記事なはずなので、
まだ読んでない方はまずはそれに目を通してくださいませ★

今週やっと終わったけど、前半はなんかおかしいくらい忙しかった。
っていうか、またもや起きてしまった・・・・。

以前ほっかむりで乱入してたパッション大家さんを、
皆様覚えているだろうか?

今回の主役は、たまーにオヤジーズに連れられて行く、スナックのママ
彼女は自分とこの近隣に住んでいるのだが、
なんだか気に入られて、(どっちかっていうとしつこくスカウトされているのだが・・。)
ネイルしにきたり、従業員の女の子をうちに紹介してくれたりとお世話になっている。

ほんである日のこと、
施術も7時のうちに終わって、自分は夕飯の用意していた。

チキン&トマトとチリソースと野菜のコトコトシチュー、
二時間ほどゆっくり煮込んで、うまそーな匂いで最早ヨダレモノ。

ビール空けて~、さぁ食べようっ!!

てとこで、ドアがノックもピンポンもなしにガチャリと開いた。
「しょーちゃん、今暇ねー?」
ママだ。あら珍しい。

『どーしたんですかー?暇っちゃー、暇ですけど、今ゆうしょ(く・・たべようと)・・・・。』
「暇ったら、ネイルやって、ネイル!!今!!今!!暇でしょー!?」

私の右手にあるビールは見えないようだね・・・。
この部屋中に香る、美味しそうな匂いも気にならないのだろうか・・・・。
そして喋る隙も与えない、流石スナックのママ張ってるだけあるわ・・・・・。

あーもう、アンタにゃ勝てないだよ・・・。わかっただよ・・・。
営業時間外の仕事炸裂。(笑)

わしのその日の夕食は夜中の12時ですた。

んで、翌日。
その日も混みこみの仕事だった。
あーやっと最後だー、と施術しているところに「ガチャリ」。(もちノック&ピンポンなし)

ま・・・・、まさか・・・・。

「しょーちゃん!!昨日ありがとーねぇー!!
夕食まだ食べてないんじゃない!?
(いや、今施術中だから普通に食べれないでしょ!!)
サンマ食べてぇー!サンマ!!
あげたっさ~ねぇ!!
あっらー、あなたもしょーちゃんのネイルやってんのーぉー?(対、お客さんに-笑)
あーらデージ上等さー、でも私のも上等さぁ~!!」
じゃぁねー!! バタン!!!」

・・・・・・。

・・・・・・・・・。

なんだろうね。

なんつーの?

沖縄ってこの時期台風あるじゃん?
台風って防ぎようがないじゃん?

ほんまにこれは恐ろしい台風だぉ。(笑)
店の雰囲気を荒らすだけ荒らして、妙な静けさだけをただただ残していく・・・。
ただこの台風はなんかしら食べ物がくっついてくるな・・・・。

パッション一号。
サンママ二号。

今年の台風は何発まであるんだろうか・・・・。
いい加減慣れちゃったわぃ!!!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/12

あんなことこんなこと 其の三

日曜日を定休日にしてから、久々の晴れマークだったので、
友達と潜りに行ってまいりました。

潜るっていってもシュノーケル。

自分は素もぐりでいいとこ10M~15Mくらいしか潜れない。
こっちで海で知り合いになった、化石みたいなおじぃがいるんだが、
そのおじぃは70歳近いはずなのに素潜りで30M潜れる。
いつかはこうなりたいものだが、
私が思うに、このおじぃには絶対エラが付いてるはずだ。

自分は一応人間だからエラ呼吸はできねーっす・・・・。

ってか、こっちきて頻繁にシュノーケルはやってるせいか、
徐々に水深と潜れる時間が延びてきつつはある。

んで、【真栄田岬】ってとこいってきた。

01

こんなかんじのところ。
うちから30分くらいにしてはなかなか綺麗なところで、
いつ来てもダイバーでわんさかしてる。

綺麗なのはいいんだが、ここってば海まで降りるのがとっても大変。
画像にある右端に、岩っていうか崖あるっしょ?
この高さから海までダーーーーーって続く階段を降りなきゃいかんのだ。
降りたら降りたで岩場はウニだらけ。

いっつもここから降りてるから、
違うポイントでも行こうかってかんじで階段は今回はパス。

階段を降りないでこっからどうやって海まで行くと思います?
そうです、岩場を降りるのです。
ほとんどロッククライミング。
しかも女二人、ビキニでロッククライミングだよ(笑)

降りたら降りたで波バンバン打ちつけてる始末。
最後の岩場から水面まで、波が引くと1Mは距離がある。

これ飛び降りなきゃだめだなー。
つか、これ帰りのぼれんのかなーっ。
とか考えつつも、後先考えず即行飛び降りて潜水開始。

ところが、20分くらい浮き沈みしてても友達が来ないので、
岸(岩?)まで戻ってみる。

岩の上で体育座りして呆けてた(笑)
きっと冷静に悩んでるのだろう・・・・、入るべきか入らないべきか。
階段まで戻るべきか、戻らないべきか。

「波上がった時飛び込んで、バタ足しまくれば岩に打ち付けられないさぁ~!!」
と、意味不明な危険も返り見ない私の無責任な叫び声。
意を決したのか、飛び降りる彼女。
近くにいた男の子が「おー!!スゲエ!!」とか言ってたww

海に入っちゃえば、彼女も人魚の如く華麗な泳ぎ&潜水。
ちなみに海の中はこんなんがいる。

06
13

上のはツバメウオっていって、真栄田岬では多く見られるヤツ。
下のは名前わからんけど、どこ行っても絶対いるやつ。
どいつもこいつも蛍光色ふんだんに使っててスンゲーキレイ。

ぶっちゃけこれは自分が撮ったやつではないけど、
実際真栄田岬に潜った人が撮ったブツです。
ダイビングしなくても、シュノーケルで潜るだけで充分ここら辺の子達は見れます。

流石沖縄。

まぁ、そんなこんなで一時間くらい遊んで岩場に戻った訳だが・・・。

さぁ、ここからが問題だよね。(笑)
どうやって水面からあの岩場に行くか。
階段のあるところまで泳げるけど、正直しんどいっていうかめんどい。

とりあえず、挑戦してみる。

波が上がると岩場と距離が近くなるので、そのタイミング見計らって岩場に手をかける。
波が引くと一気にもってかれる。手に自分の体重が一気にかかる始末。

こりゃキツイだわー。
っていうか、デンジャラスー(笑)

パパッと足かけないといつまでたっても上がれないぞこりゃ。

何回かトライして、なんとか足かけて登って無事生還。
ふーっと、一息ついて自分の右手のひらを見ると血だらけ。

岩場のウニおもいっきし掴んじゃったみたいね・・・・・。
傷口を海水で洗ってみるとところどころ切れてる。

見た目は痛々しいがそんな痛くないし、まぁいっか。(テーゲー)

友達の様子を伺う。
やっぱり水面に浮かんで悩んでる様子。

「階段とこまで泳いでってもいいよー、やーのビーサン自分がもってくさぁ~ね~」
と言ってみると意を決したのか、這い上がってきた。

流石自分の数少ない女友達だ・・・・。
いい根性しててサイコーだわ!!!
やっぱり女は度胸よね!!ギャハハ

そんなこんなでやっと這い上がった岩場に立ちはだかる更なる岩場。
ぐほー、なんじゃこりゃー。
筋肉番付かよww

上まで戻る頃には膝がガクガク。
生まれたての子牛の如く膝が笑ってやンの。

あーつかれた。
今日は精神的にも刺激があっておもしろかった。
海ってさいこー。

この友達と潜る時は、帰りにいっつも寄るレストランがある。

海が一面見渡せるテラスで、二杯くらい酒飲んで(一応車だから自粛)飯食って、
デザート食って、ゆんたく(おしゃべり)してボケーっとしながら
日が沈むのを最後まで必ず見て帰る。

野生的な様で、セレブな一面もあるんですよ。フフ
久々充実した休日だったぜー。

|

2006/09/07

餃子職人

今回はこのブログを始めてから、初めて『食』に関する記事でありんす。

自分はアレです。
何気に『食』にはうるさい。
こだわりを激しく持っているのです。

沖縄来てからもほとんど外食してない、自炊しまくってる。
インスタントものもほとんど口にしません。
なんでかって、不味いから。

外食より自分で作る飯のが美味いんだな。
自慢じゃないが和洋中、なんでもイケマス。

ところで、実家いたとき毎週のように家族で餃子作ってた。
っつーか、うちの餃子はいろんな意味でハンパない。

肉1に対して、野菜は9。
野菜はキャベツ半玉以上、ニラ2~3束、ニンニク1玉、生姜1パック。
これを見てわかるように、ニンニクと生姜を恐ろしいくらい入れる。
野菜は絶対ミキサーは使いません。食感が失われます。
焼く時は水にダシを溶かしたものと、ゴマ油で風味づけします。

出来上がる餃子は毎回100個以上。


家族っても、にーちゃんおらんからかーちゃん、とーちゃんわし3人です。
何かにとりつかれたかの様に、この量を毎週3人で作るんです。
一人20個以上は食べます。
残りは冷凍して、朝飯で食ったり、昼飯で食ったり、夜飯で食ったり。
当時、オールタイム誰かしら餃子を食ってるので、
我が家から餃子臭が消える日はなかった。

そんなこんなで餃子の包み方も、うちの家族はプロ並
速さ、形の綺麗さ、平均さ、調理法どれをとっても素晴らしい。
家族餃子選手権があったら、間違いなく世界で一位ではないだろうか。

とーちゃんやわしが職を万が一失ったとて、
餃子屋台で食っていけるねと、よく三人で話していたものです。

そんなこんなで昨日久々に餃子作ったわけ。
一人暮らしになってから初めて作ったんだ。

野菜切りまくって、タネ作って、包んで・・・・・。
黙々と作業をしていたら、
いつのまにか自分の目の前に60個の餃子が並んでいる・・・・・・。

ヤベェ、いつものクセで大量に作っちまった!!!
おいら一人しかいないのに!!!

冷蔵庫ちっちゃいから実家ん時みたいに冷凍できんし!!


Nail13_001


とりあえず、アワアワしつつお隣さんに十個づつおすそわけ。
それだってあと40個残ってるなぁ・・・。

ドラッグクイーンのマリアちゃんが、その日うちに飲みに来る予定だったので、
調度良かったといえば、調度いい。
一緒に食えば40くらいさばけるだろ!
餃子は一人で食うより、二人が美味いだべ!!

マリアちゃんが来て早速餃子パーティー。
ドラッグクイーンマリアちゃんとWAHAHAの梅垣義明(女装して鼻に豆つめて飛ばす人ね。)のDVD見ながら、島酒ニンニク餃子

っつーか、何もかもが濃いな・・・・。
そんなこんなで朝6時まで宴会でした。

ところで、皆さん私の餃子の出来はどうでしたか?

Nail13_002

寸分狂わぬ、この職人芸。
素晴らしいでしょ?

でも何がすごいかって・・・・・。

Nail13_003

この爪で作ってんだよ、あたしゃ。
自分でもスゲーなと思う(笑)

|

2006/09/05

朝からやめれ・・・

いつも寝場所は網戸にして風通しよくして寝てるんだが・・・・、
ガシャン!!という音と共に、びっくりして網戸を見ると
虫とかヤモリの比ではないくらいの
恐ろしくでかいものが網戸の上の方に張り付いてた。

1_1

ムササビか・・・(汗)?またコウモリか!?(涙)
勘弁してくれ、こええーよー!!朝からやめてくれー!!

2

寝ぼけ眼で見た朝の逆光の中のシルエットは、
なぜか外側ではない。
確かに網戸の内側にはりついている・・・。

やべぇ・・・、おいら確実に襲われるジャン・・・・・。
上からガッチリ様子見られてんジャン。

意を決して捕獲に励もうと、ソロリと謎の生物側に振り向いてみる・・・

けっこう緊張の一瞬。

そいつは・・・・・
そいつの正体は・・・・・・・





3

かーじゅーだった・・・・・。


何がしたくて朝の六時から網戸に張り付いてるのかは分からんが、
ひとまず身の安全を確認したので、
こっからどーすんのかなーとヤツをじっと観察してみた。

五分くらいそのままの場所で張り付いている。
まさか、コイツ降りれないのか・・・・。
『かーじゅー大丈夫かねぇ~?』
と、一声かけると、ニャーという返事と共に、

スパイダーマンみてーにガッシャンガッシャン一歩一歩降りてきた。

朝から大爆笑。
激しく滑稽。

かーじゅーが昇った網戸には爪の痕だらけ。
網戸の意味がねーだよ、かーじゅーよ!!
朝から意味不明な行動すんじゃねー!!

網戸に猫が張り付いてンのなんか生まれて初めて見たわ。
面白かったから許してやる。

|

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »