« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006/07/28

スカウト

そういや、この前のイベントの主催者さんから
後日、お疲れ様電話がかかってきた。

『いやぁ~、ネイルのショーしに(超)かっこよかったっさぁ~、しょ~ちゃん!
ありがとうねぇ~!!

ところで、8月2日に自分の新しい店の
オープンパーティーがあるんだけど、
それに出てほしいんだけど、どうかねぇ~?』

「こちらこそ有難うございます!
えっと、そのパーティーでまたネイルのデモやるってことです?」

『いやいや、違うっさぁ~、
クイーンの子達も呼んであるから、
しょうちゃんもドラッグクイーンとして出てほしい~。』

・・・・・・・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・。

今、なんとおっしゃいますた・・・?


ようは、わしのイベント時のアホな格好が、
『あの人もドラッグクイーンなんですか?
何者ですか?』

と、ぶっちゃけネイルのショーより、
自分の姿形のことで多数のお客さんから質問を受けたらしい。

それにしたって、また偽クイーンですかい!!
ネイルショーより、自分の格好の方がインパクトでかすぎたなんて・・・。
喜んでいいのか、悲しむべきなのか・・・・。

そういや20前半の頃、
地元の道を夜歩いてたら、オカマさんからスカウトされたことがある。

『うちの店で働きなさいよ!
あんたならすぐNO.1よ!』


NO.1でも、それは嬉しくないっす・・・・。
なんだろう、自分って生まれ方間違えてんのだろうか。

転職すっかな・・・・。ヘヘ(涙)

|

2006/07/25

イベント報告

いやー、終わっただよ。
めちゃくちゃ疲れただよ!!!
睡眠不足よ!!!

今回はアートデモ担当だったけど、
当日になってステージ上でやることになって、
モニター合わせや、セッティングも直前に打ち合わせ。

ステージあがるのなんて、高校生んときの劇で男装した以来だよ。
150人くらいのお客さん目の前に、ぶっちゃけガラにもなく緊張しまくった。

しかも意味不明にも、以前クイーン女装した時のヅラをかぶって
真っ赤なカクテルドレス着てやったのね。

しかもステージ上にたった一人。

ぶっちゃけ、客席の人は私が一体何者なのか分からなかったでしょう・・・。
(画像は例の如く、上がってくるまでお待ち下さいませ。)

なんかダンスショーとか、クイーンショーとか前回派手だったからさー、
普通にデモしてもつまらんかなと思って、勝手に仮(女?)装しました・・・・。
(なぜそこでおもしろさを求めてしまうんだろう・・・・。謎。)

しかもだまりこくって作業するのも微妙ってことで、マイクセッティングされて
用具説明とか作業工程も解説しながらやったんだな。

喋りながら作業なんて、店内ではなんでもない普通のことなのに、
ステージ上ってだけで、口と手が同時にうまいこと動かないさね。
緊張したんだよ、マジで。
結構フルフルしちゃったんだよ、恥ずかしい話・・・・。

まぁ、結果オーライ。

15分の短い枠内で、エアブラシアート実演はきつかったけど、
やりきった感は充分。

作品が出来上がった時に客席からお客さんがステージ上に来て
真近に見て『すごいー★』って、感激してくれてた。

Nail09_001 

ちなみに最初にお客さんに伝えたアートテーマは
『沖縄に来て自分が一番感動したこと。』


作業過程見てく段階では何作ってるかさっぱりわからない。
最後の仕上げ段階で、初めてテーマが分かるように
あえてアート内容が分からないテーマにしたさね。

出来上がったものは上記画像の『夕暮れ時の海の風景』

星がキラキラしながら、海に日が落ちていく・・・・。
その空のグラデーションや光の具合はエアならではで表現できること。

バッチリ。

エアブラシってこともあって、男の子も反応してくれたさね。
自分のショー終わった後、楽屋まで追いかけてきて、
『自分もやりたいんですけど、お店どこですかー?』
って言ってくれてメニュー持ってってくれたのはめちゃくちゃ嬉しかった。

ネイルだってもう男の子だってやっていい時代だものね。
こういうきっかけがあったことで、興味持ってもらえたことで、
自分の行動は正しかったと、やっと確信できる。

誰かの言葉のパクリだけど、『自分を褒めてあげたい。』
ってかんじ。

あー、ほんっとに疲れたけど、やりきってよかった。
頑張って行動すれば行動するほど、何かの形になって返ってくるんだな。
疲れっけど、がんばるば。

また次回もネタ考えなきゃなー。

ところで、その他のショーについてですが
動く被写体を撮るのが苦手なのか、またもやピンボケばっか・・・。
見にくいけど、画像のっけましょうね。

Event_2_002

前回も出演した『名護パラダイス』のみなさん。
ブレイクダンスチームです。

Event_2_013

ご存知ドラッグクイーン『ビッチコリータ』のショー。
マリアちゃんの画像は全てダメだった・・・・(泣)
これも画像上がってくるまで、しばしお待ち下さいね。

Event_2_024

民謡チームです。
沖縄伝統の音楽を生披露。
エイサー習ってるからか、体が反応したw

Event_2_021

ヘアーショーの美容師さんチーム。
この中に自分の生徒さんもいます。
よく頑張ったねーww

183305337_56

ジャンベチーム『ハクナマタタ』。
この人たちプロじゃないんだけど、自分的に一番スゲーはまった。
魂を揺さぶられるかんじ。また是非見たい!

Event_2_017

イベント主催、『サンクチュアリ』さんのオーナーです。
このご夫婦には、沖縄来て本当にお世話になってます。
感謝してもしきれないくらい!!

まぁ、こんなかんじっす。
画像さえあがってくればもっと解説できんだけどなぁ・・・。

何事も時間の流れの遅い沖縄のことなので、
まとまな画像くるのはきっと二ヶ月くらい先かな・・・・。

|

2006/07/21

反抗期

昨晩エイサーの練習終わって、
いやらしい話ではあるが金の計算をしていた。

事情があって来月から月の支出が
二倍になってしまうのだ。

ぶっちゃけ、生活はできるんだが
贅沢な話、遊ぶ金も貯金もできん。

余すことなく、稼いだ金は手元から消えていくって寸法だ。

そういや、20歳くらいのころだろうか。
若さゆえ、何も持たずに家を飛び出したはいいが、
財布に2万5千円しかない。(ちなみに当時の全財産)
たまたま始めたばっかの仕事場だったから、給料は翌月の中旬。

ようは一ヵ月半、2万5千円で暮らさなければいかん。
友達んとこ転がり込むのも嫌だったので、
知り合いの仕事場の倉庫に寝泊りすることにする。

うら若き花の20歳が倉庫暮らしだよ・・・・。
ある意味最高に楽しかった。
若いとなんでもできんだなぁ・・・・。シミジミ

ってなかんじで脱線してしまったのだが、本題に戻す。
ようは来月からの事を考えてたら、ガックリしてきたわけ。

ため息ついてると、横にはかーじゅーがスピスピ。

わしの布団のど真ん中で大の字になってるもんで、
でかいわしは縮こまって計算機叩いてる始末。

あまりに幸せそうな顔なもんで、
ついつい、かーじゅーに向かってボソっと呟いた。

『お前はいいねぇー、
好きなときに寝て食って寝て食って。
お前来月から家賃くらい半分出せよ、コラ。』

次の瞬間信じられないことが起こった。

かーじゅーは寝てるときに、いっくらちょっかい出されようが
携帯の音が鳴ろうがガン寝。

そんなやつが、わしの呟いた言葉でむくりと起きてこんな顔しやがった。
Photo_5

初めて見るキッタネー顔。
妖怪に例えるなら正に般若だな。

こんな顔しながらドス利かした声でなんかギャーギャー言っている。

初めてコイツに殺意を抱きました。
全くもってかわいくない。激しくムカツク。

この状況を愚痴るべく、猫飼ってる友達にソッコー連絡。
『アハハー、かーじゅーしょーの言ってることきっとわかってるねー(笑)
わしだって働きたいけど、無理だもん!
って言ってんじゃないのー?
ってかおみゃーら、コントかよwww』

言ってることわかってるなら尚更、文句言われる筋合いはねーんだよ!!
死にかけのセミじゃなくて、金になるもん持ってこんかい!!!

っていうか、その友達にこんなの教えてもらったんだけど、
これ着せたらかーじゅーでもどうにかなるだろうか・・・・。
購入ボタンをうっかり押してしまいそうな魅力。

12005_1_r2_c1

イヤイヤ、こんなバカゲタものに5000円近くも使ってる場合じゃねーぞ。
アブナイアブナイ・・・・。

しっかりしろ、オレ。

|

2006/07/20

第二弾

Nail1012_001

スキャナーすることですら、おっくうな気分の本日。
デジカメでの画像ですが、失礼。

またまた、やってきました。
美容のコラボイベントでやんす。

前回と同様、名護の美容院『サンクチュアリ』さんのイベントです。
ステージ内容としては、様々なジャンルの音に合わせたヘアーショーを中心に、

其の一、ご存知ドラッグクイーンによるショー。
其の二、ダンサーによるダンスショー。
其の三、ネイル-エアブラシアート生実演。

を織り交ぜてくってかんじですな。
勿論、わしの参加は其の三のやつなんだけど、
今回打ち合わせとかほとんどしてなくって・・・・。

まぁ、当日でもどうにかなるかな・・・。ハァハァ。
エイサー本番間際だけど、大丈夫なんかな・・・、あたぃ・・・。ドキドキ。

なんか今日、水のタンク持ち上げたら
筋おかしくしたようで、背中が激しく痛い。

連日の練習でガタがきとるねー、へへへ。
ガンバレショーチャン、ガンバレショーチャン。

ガタがきてるといや、最近歯磨きするとえずくんだよね。
オンゲーッって。

これって、胃が弱ってんだっけ?
おっさんみてーだな・・・・・。
涙溜めながら、朝の歯磨きが激しくキツイ今日この頃。
ガンバレガンバレショーチャン。ガンバレガンバレショーチャン。

っていうか、おとといスナックを四件もハシゴさせられて
そりゃ朝からえずきたくもなるわ。
アホかっつーの。

そういや、えずくって普通の人使わないんだっけか。
どっかのブログで言ってたね。

やっぱおいらが使ってるってことは、
かーちゃんが使ってたんだろうな。(笑)

あーもう、疲れたよ、チキショー!!!!
キィイイイイイ!!!!

|

2006/07/17

エイサーってこんなの。

エイサーとは。

いかずちのように体の内側に響く太鼓の音。
魂を揺さぶる勇壮なかけ声。
エイサーは先祖の霊を供養する行事であると同時に、
舞う者、見る者、すべての人の血をあつくたぎらせる生者の行事でもある。
Eisashimedaiko

夜のしじまに太鼓の音が風にのって聞こえてくる。
今年もエイサーの練習が始まったな、と誰もが心躍らせ、
ちむどんどんするこの季節。

蒸し暑い夜に、エイサーの太鼓の音をBGMに
オリオンビールを飲みつつ、エイサーを楽しむ。
旧盆7月15日のエイサーざんまい。これが沖縄の夏の過ごし方。
Eisaonnate

エイサーは、いわば本土の盆踊りにたとえることもできる。
お盆に盆踊りが行われるように、エイサーも旧盆に行われる行事で、
自分のシマ(地域)を「道ジュネー」し各家々を回る。
特に15日の御送り(ううくい)を済ませた後から始めるところが多いが、
最近は旧盆の3日間行う所もある。

Eisaodaiko

エイサーの構成。

エイサーは旗頭、太鼓踊、手踊、チョンダラー、
地謡(じうてー)で構成され、
太鼓は大太鼓、締太鼓、パーランクーの3種類。

細い路地を100人近い隊列が唄い、
踊り練り歩く様は壮観で、周囲は熱気に包まれる。

Eisachondara

だってさ。
ようは、みんなで踊って歌って飲む行司。
(ほんとかよ!?)

自分はこれの『手踊』ってのやるんだけど、
ぶっちゃけ太鼓やりたかった・・・。
女は踊りなんだってさ。チェッ。ケチ。

っていうか、練習始まったはいいけど
青年会のメンツ(昆布でエイサーやる人たちね。)みんな若すぎる!!!

ポッと入った自分がぶっちゃけ一番年上です。
監督でさえ25才ですって、アラヤダ。
女の子は特に中学生や高校生ばっか。
なんか話とか横で聞いてても、何言ってるのかさっぱりわからん。

これが世代の違いってやつなのね・・・。シクシク

夜の九時から皆どこからともなく練習で公民館に集まってくるんだけど、
黄色い声がキャイキャイ元気に飛び交う中、
仕事後でグッタリ&グロッキーなわし。

年の差を感じるなぁ・・・・。

練習終わって、家帰るのは12時頃。
更にグッタリ。正にバタンキューだよ。

ってか、そんなことも言ってられませんがな。
頑張って気合入れて覚えないと、八月上旬にマジで間に合わねー!!
本番の三日間踊りっぱなしってのもかなり体力勝負だなぁ。
そりゃ若い子たちばっかなはずだよ。

エライもん始める決意をしてしまった。

夜寝てても、エイサーの曲がエンドレスで頭の中流れてるぞ。
でも、こんな26歳もいいじゃないか。

|

2006/07/15

夏です。エイサー始めました。

怒涛に忙しかった。
もう悲しんでる暇は本当にないらしい(笑)

今日の予約前にコーヒー飲もうと冷蔵庫開けたら、
目が点になることが。

冷蔵庫の中にヤモリがいる・・・・。
ナゼ・・・?


なんかとっても疲れてたからか、驚いたけど精神が全く乱れなかった。
しかも冷やされていたからか、ヤモリの動きがトロイ。

すぐに確保→お外にバイバイ。

んで、あまりに精神的に落ち込んでるのが
自分でもこりゃヤベーヤベーと思い、
エイサーやることにした。

昆布(わしの店の土地名ね。)公民館で、
8月上旬のエイサー祭りに向けて
10~20代前半の昆布在住の若者が毎夜練習している。

ふとしたきっかけで誘われたのだが、
仕事終わってからの毎日の練習はぶっちゃけキツイ。
疲れるし、やめとこうかな・・・・・。

悩んでいた末、前回の記事のようなことがあり、
これじゃいかん、踊って気でも紛らわせようと決意。

早速昨日から練習に参加してみた。

ヤベー、はまったぞ。
東京吉祥寺(地元)の神輿祭りに中学生の頃から参加しているのだが、
今年は帰れそうにないので、がっかりしていたんだけど。
調度いい。

はじけてやる!!
その土地の祭りに参加せずどうするのだ!!
機会があるなら、なんでもやるべし!やるべし!

よぉおおおし、ちゃむちゃん、おいらの踊りとくと見てろー!!
おまぃにおいらのエイサーを捧げる!!

|

2006/07/13

みんなありがとう

コメントくれたみんな本当にありがとう。
この場を借りて本当にありがとうです。

今週なぜか予約全然入らなくて、
でも入ったところで全然ヤル気起きないし。
泣きっぱなしで目もはれてるし。
ふとんの中でグダグダ泣いてばっか。
今年入って初めて泣いたからか、全然止まらないの。

そしたら今日になっていきなし三件入った。

なんかちゃむに
「泣いてる暇なんてねーぞ!ちゃんとやる事やれや!!!
予約なんか俺が入れてやるよ!!ここできばらんか、しょー!!
お前は泣いてふさぎこむキャラじゃねーだろうが!!」
って、言われてる気がした。

予約前にブログのみんなのコメントをうっかり見ちゃって、
折角バッチリメイクしたのに、また涙ドボドボ出てきちゃってグチャグチャ。
どうしよう、これからお客さんくるのにって泣きながら慌てて。

泣くのはこれで最後にするって決めて、
沢山泣きました。
みんなの言葉を一つ一つ噛みしめて、
沢山泣きました。
ちゃむに笑われるけど、
沢山泣きました。

目真っ赤だから、目薬さして。
鼻真っ赤だから、ファンデ厚く塗って。
顔ひっぱたいて、気合入れて。

笑って仕事したよ。
頑張ったよ。

今日ちゃむは、煙と共にお空に昇りました。
きっと天国行く前に、沖縄に寄り道してくれたんだろうね。

そんで、きっとこう言ってくれてる。
「泣くのはやることやってから。っていうか、お前は泣くな!!
しょーはやりゃできる子だ。止まらないで、そのままつっ走れ!」
って。

だから明日もあさっても、
これからもずっとずっと、
苦しいことがあっても、辛いことがあっても、嫌なことがあっても
笑ってお客様の爪綺麗にする。

一人でも頑張れる。
ううん、絶対頑張れる。

実質一人だけど、こうやってみんなが応援してくれるから、
スゲー気合入る。

ちゃむがまた私を一歩成長させてくれたんだね。
やっぱり、ちゃむはおいらの兄ちゃんだ。

|

2006/07/12

無題

本当にさっきのこと。

母ちゃんからの電話。
出来ることなら、この電話とりたくなかった。

『ちゃむちゃんがさっき亡くなりました。苦しまないで眠ったまんまだったよ。』
泣きながら話してる、母ちゃんに自分はこれしか言えなかった。
「うん、分かった・・・・。」

電話が切れたと同時に涙が止まらない。

側にいてあげられてなくてごめん。
_001_3

携帯の待ちうけの画像はいっつもちゃむ。
携帯を開くといっつもちゃむがいる。

私が12歳の時から、ちゃむは家族になった。
それから13年が経って、私はちゃむと離れ沖縄に来た。

ハスキー犬で13年といったら、相当凄い。
『来年にはちゃむちゃんいないかもよ。』

電話がある度、実家に帰る機会がある度に、
母ちゃんからしつこく言われてきた、
「縁起でもないこと言うな!」って怒ったこともあった。

ちゃむはずっといる。

なんでか、毎回実家帰ってちゃむに会って顔を見ると、
ちっともいなくなるなんて予感がしなかった。

14年目。

私がワガママ言って無理矢理家にちゃむを連れてきた。
母ちゃんはその頃犬がキライだった。

子供特有の「自分が世話するから。」って、約束したのに。
大人になってから、母ちゃんにまかしたっきりだった。

ごめん。

いっつも自分勝手でごめん。
きっと私よりも泣いてるだろうと思う。

なんで今私は沖縄にいるんだろう。
なんでこんな離れたところにいるの。

すぐにでも帰りたい。
顔が見たい。
でも事情があって、どうしても今帰れない。

ごめん。ごめんね。

絶対会える。
だから、今までありがとうなんて言わない。
私は自分勝手だから、お前がいなくなったなんて思わない。

だから、待ってて。
私が会いに行くまで、もう少しだけ待ってて。

|

2006/07/09

またもや・・・・

最近家族っぽくなってきたかーじゅーに
マイベッドをあげた。

Nail04_003

ちっちゃいダンボールお気に召したらしい。
ぐっすり。

Nail04_004

ほとんど寝てばっかの生活だが、
いったんお外へ出すと『狩り』に励んでしばらく帰ってこない。

おうちに入りたいときは、網戸がほんの少し開いてるだけで勝手に入ってくる。
開いてない時は、網戸の前に座ってニャーニャー訴える。

んで、いつものようにお外出して二時間後。
仕事場の隣の自分の部屋から、激しい異音がするではないか。

『じゃーーーーじじじじびみーびみーっ!!!!!』
ピタ・・・・・・。シーン・・・。

『びゃーびゃびゃびゃ!!!じじじじーーーーじじぃー!!』
ピタ・・・・。シーン・・・。

こんな様子がしばらく続く。
オイオイ、なんかただごとじゃない予感だ・・・。

そぉーっと、仕事場を通り抜けて、自部屋の様子を伺う。
かーじゅーがぽつんと暗闇の中座ってた。

『おかえりー、かーじゅー。』
と抱っこしようと手を伸ばすが、何か違和感を感じ手を止めた。

セミくわえてやがる・・・・(怒)

『ゴルァアアアア!!!!なんてもん家に持ち込んでんだ!!!!
このガキャアアアアーーー!!!』

わしの叫ぶ声にビックリしたかーじゅーは、
ポトッと口からセミを落とす。

飛び立つセミ。→かーじゅーハンターの血再び騒ぐ。→
セミ逃げる。→わしも逃げる&叫ぶ。→かーじゅービックリ→最初に戻る
(注:これは家の中で起こっていることです。)

そんなこんなで終わりが来ないので、まずかーじゅー隔離。
かーじゅーに弄ばれたセミはグッタリしている。
しかし不意をついて暴れ出すので、要注意。

かーじゅーのベッドのダンボールを持ってきて、
勇気を出してセミにかぶせる。

ただでさえ孵化してからちょっとしか生きれないセミだ。
いくら気持ち悪かろうが、生きて自然に返さねばならぬ・・・。

ダンボールと床の間から紙入れて密閉。
そのまま外へ持って行き、逃がしてやりました。

っていうかまたもやセミネタかよ!?
勘弁してくれよーーーーー!!!


あー、っつーかセミくわえたお口に、毎日ちゅーしてると思うと
口が痒くなってくるわ・・・。ペッペッ。

|

2006/07/05

事件

昨日大事件が起きた。
隣の一番下のチビが、夕方消えた。
_050_2_1

↑コイツ(HIRO 三歳)

隣のおっちゃんに状況を聞くと、
自分が庭で作業中、家のほうにタタタタと走っていったのを最後に
家にも庭にもいない。

まだ一人でどこかへ行けるようなアクティブな年齢ではない。
『今流行の誘拐かね・・・・、
今まで一人で勝手にどこか行くなんてこと
一度も無かったのに・・。』

おっちゃんの声が震えていて、状況の深刻さが伝わってくる。

警察に電話して、自分も仕事を打ち切り、捜索に走る。
近所の家の聞き込み、今まで歩いて行った事のあるような場所やお店、
畑の中や、木の鬱蒼としている場所も
『ひーろー、ひーろー!』と、叫びながら探した。

近所の人も車出して、近隣をグルグルと捜索してくれた。

いない・・・・・。

時間が経つにつれ、
『本当に誘拐なのか・・・・。』悲しくもリアルに思えてきた。

大人も子供も、汗だくになって走り回る。
そろそろ警察が来るころだろうかといったんアパートへ戻る。

パトカーが二台来ていた。
・・・と思ったら、すぐにどこかへ行ってしまった。
『あれれ?』

『しょー!!しょー!!いたーーーーーー!!!
いたよーーーー!!!』


マジか!!!マジかーーーー!!声のする方へ急いで走る。
汗まみれのおっちゃんの横には、
クワガタを持ってニコニコしてるひーろーがいた。

『ひーろーねぇ、くわがちゃーとってきたぁー♪』

・・・・・・一気に力が抜けたのは言うまでもない。
お兄ちゃんたちが、最近虫取りに励んでいるのをじっと見ていたからか、
自分もと思って、思い切って一人で探しに行ったのだろう。

いた場所はアパートから見渡せる畑の中。
ひーろーより二倍もある背丈の高い草むらの中にいたため、
自分らがいくら探しても見えなかったのだった。

ウォーリーを探せ!より難しかったぜ・・・・・。
最近のわしは虫に踊らされっぱなしだ。チクショー。

とはいえ、何事もなくて本当に良かった。
おっちゃんが照れくさそうに、
『しょー本当にありがとーねぇー。心配かけてごめんねぇ~。
今度からひーろーには鈴付けとかないとねぇ~。』
といいながら、ビールをくれた。

走った後のビールは、究極にうめぇ~。

おまけの一言
ってか先月ネタなくて結構困ってたけど、
今月入ってリアルにネタありすぎてある意味困るな・・・。
しかも全部昆虫ネタやし・・・。ハァー

|

2006/07/03

綺麗な海と汚いオヤジ

今までというもの、丸々一日休暇をとることをしていなかった。
ストレスも溜まってきているので、昨日思い切って休みにした。

ストレス発散といえばもちろん海。
っていうことで、ドラッグクイーンのマリアちゃん
と二人で伊計島行ってきた。

167526063_252

男らしい仁王立ちと美しい伊計の海。

天気はキンキンの太陽。
ほとんど人がパラソルの下にいる中、
うちらは気合でノーパラソル

クーラーボックスに沢山お酒と、つまみをしこんで炎天下の中の宴です。
マリアちゃんはかわいく、ビールを1本だけ。
どっちが男の子だか今更ながら謎に包まれる。

二人でしばらく光合成した後、浮き輪も持って海へ。

いやー、たまらん。
気持ちよすぎ。

浮き輪に浮きつつ、チューハイ飲みながらプカプカ。
極楽だ。

チューハイおかわりしにクーラーボックスの元へ、
小腹が空いたので、マリアちゃんが食べてたマックポテトの残りと
スルメとチューハイ
をビニールに入れて海へ戻る。

スルメ噛み噛みしながらチューハイグビグビ、プカリプカリ。
なんてステキな居酒屋なのか。

そったら、側にいた中学生の女の子が、
横で泳いでる友達に

『なんか魚のエサくさくない?』と、ポツリと言った。

違うからっ!!!!スルメだからっ!!
流石に魚のエサは食わないから、お嬢ちゃんたちよ!!
マリアちゃんと大爆笑だった。

6時で遊泳時間が終了なので、着替えて帰路へ

おうちまでマリアちゃんが送ってくれた。
そったら、チビ達が庭でバスケしてたので仲間入り。

しこたま汗かいて、
オヤジーズの元へ酒飲みに行った。

昨晩は流石に酔った。結構酔ってたもんで、イモリの時と同様、
チビが持ってくるカマキリだのセミだのバッタだの
触りまくってしまった。

今更ながら恐ろしい・・・・。
いや、こんなことより更に恐ろしいことが起きてしまった。

チビの父ちゃんの一人が、
おもむろにチビの手からカマキリを取った。次の瞬間、

カマキリ食いやがった。

皆の時間が止まったのは言うまでもない。
その後もゲンゴローみたいなの、食いやがった。

オイオイオイ、オヤジよ。
それはつまみじゃない。
酔うにも程があるぞ、オヤジよ。

モグモグしながら『うまいっさぁ~。』とかほざいてる。
コラコラコラ。
チビが泣きそうな顔してるし・・・・。

しまいにゃセミも食おうとしてたので、流石に皆で止めた。
チビ達は虫かごにしこたま入れてた虫を、そそくさと庭に逃がし始めた。

オヤジの奇行はさておき、
生き物は自然にいるのが一番だと分かったのだろうか。
達者で暮らせよ、虫たちよ。

体力的にかなり疲れたが、久々全てが楽しい一日だった。
いやー、いい日だったなぁ。

|

2006/07/01

嫌がらせからの感動

二回ほどバッテリー死なせてしまい、
押しがけでしかエンジン始動しないヒデ君。

ちょっと買い物行くかってかんじでヒデ君で出かけると、
目的地に着いてエンジン切ると、もうセルではかからない。
ひどい時なんか、走ってる時にエンジン止まる。

交換すりゃいーじゃん。
みんなに口々に言われるが、こういうバイクに乗るのも楽しみの一つ。

『何やってんだ、あいつ?』と、いわんばかりの周りの視線の中、
スーパーやコンビニの前で押しがけ。
しかも一発でかからないときもあるので、
汗だくになりながら駐車場内を走り回る。
結構恥ずかしい。

最近の沖縄は最早真夏のような暑さなので、
いい加減押しがけにバテてきた。

昨日、押しがけの生活に終止符を打った。
意を決してバッテリー購入した。
そして、もちろん自分で交換。
結構前に一度やっただけだったけど、意外に一人でできるもんだ。
電解液入れる時おもろいな。シュワシュワシューって。

お客さん来る前にひとっ風呂浴びて、綺麗な体で施術開始。

仕事終わってから外でおっちゃん共が飲んでたので、
ビール飲みたかったし、参加しに外へ出る。

大分引いた。

P_006

これうちの窓。
何だと思います?これ。

P_002_1

セミです。ええ、セミですとも。
羽化したての飛べないセミを、チビ共が拾ってきて
わざわざ、うちの網戸にしこたまくっつけてくれた。

激しく不愉快。
新手な嫌がらせだ・・・・。

わしが嫌がるのを明らかに面白がってる。
チビ達は毎日のように、セミ握り締めて逃げるわしを追いかけてくる。

そんなこんなでヤケ酒。
でも11時くらいでなんか眠くなったので、
おいとましようとした矢先。
最初の画像の一番右下のヤツの殻に、亀裂が入っているのを発見。

おっちゃんに『これそろそろ出てくるかね?』と、聞くと、
『あと一時間くらいで出てくるはずよ~。』とのこと。

下手なTVよりおもろいだろ、これ。
目をこすりながら凝視。

P_009

やべぇ!生まれてるぞ!!!!!
荒川静香もまっつあおな仰け反り具合!!!!!
ヤベー!!超キモイ!!!(笑)

ちなみにこいつらは沖縄で一番最初に羽化するセミです。
クマゼミっていうんだって。

P_003

完全にでてきて、自分の殻に引っ付いてる状態。
ここまでで一時間30分くらいかかってます。
羽も段々広がってきた。
キモイけど、羽の色だけはスンゲー綺麗。

P_004

羽が完全に乾いて、広がった。
綺麗だ・・・・アンタ綺麗だよ。羽だけは・・・・。
この状態から、もう少し時間がたつと飛べるようになるんだって。
んで、体も羽も茶色くなる。

そんなこんなで結局これをきっちり見納めて、帰ったのは1時でした。
朝起きて、窓の外覗いたらみんな(セミね)いなかった。
みんなちゃんと飛べたんだな。

ちょっと感動した。

ただ毎日チビがセミをどっかかしら集めて庭に放流するせいで、
家周辺、セミの数がハンパない。
毎朝セミの大合唱で起こされる。もういいだろうよ。勘弁してくれ。

|

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »