« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006/03/29

ジャキ・・・・じゃき??

新作映画でも借りようかと、仕事前にTSUTAYAに・・・。
小一時間悩んだ末、これ借りた。↓

_056_2

血が煮えたぎった
見てたの確か、幼稚園とか小学生の頃のはずなんだけどね。
ヨーヨーとか音が鳴るロケットペンダントとか
みるみる思い出して朝から大興奮して大変だったわさ。

っていうかさ、さっき早速一話見たんだけど、
南野陽子、とっても台詞ベタでとってもステキなんだけど、
『あたぃは麻宮サキじゃき~ぃ。』って、一体何語なんじゃき?

ってか、その前に。
こいつってばケンシロウの兄ちゃんっしょ?
セーラー服脱いだら、バッタもんの七つの星絶対ありますよね?


『あたぃの名前はなんじゃき~、言ってみるじゃき~。』
『だからジャキでそ?』


・・・・・・・。今、とてつもない自己嫌悪が襲ってきました。orz


話を変えまして、自分ってば幼少時代の記憶にも関わらず
自慢じゃないが大映ドラマは、結構覚えてるんだな。
(話変わってないっつーの。)

『花嫁衣裳は誰が着る』とか、『不良少女とよばれて』とか・・・・・
主題歌まで歌えるんだけど、一体自分はどんなガキだったのだろうか。
そんでやっぱ『ヤヌスの鏡』ね。

ぶっちゃけつい最近まで、このドラマ名を危険にインプットしてました。
『ねぇねぇ、”ピーの鏡”の主題歌名なんだっけね~?』
って誰かまわず平気で聞きまくってて、
事実に気づいた時には、一週間本気で落ち込みました。

ちなみに同世代では大映ドラマ覚えてるヤツ極端に少なかった、
ましてや主題歌を知ってるヤツなんか皆無に等しかった。
悲しい現実です。

ほんで、本題
上記に繋がっていない様で、何気に関連してる最近の出来事です。
(※この意味が分からない人は無理して分かろうとしないで下さい。)

ここからは是が非でも、
我がお父様、お母様には読んで頂きたくない次第であります。

以前何回もブログで登場しました、ドラッグクイーンのマリアさん。
あれからプライベートでかなり仲良くさしてもらっているのですが、
来月に出演イベントがあると報告を受け、メールのやりとりをしておりました。
そこでふと出た二人の会話内容です。

『メイン人数少ないから、
Showちゃんもクイーン(女装)やる?』
 ←マリアちゃん

『うん、やる。』 ←わし

わしの返事が異常なまでに早いのも去ることながら、
女の身でまさか女装することになるとは。

沖縄に来てから色んな意味で、著しく成長を遂げております。

そんなこんなで先日、イベントの打ち合わせがあったの。
前回のイベント時に来てくれてた、同じくクイーンのアニータちゃんも一緒。

名ばかりの打ち合わせは、某ファミレスでの腹ごしらえから始まる。
ご家族、学生さん達の憩いの場が、
この三人の会話で容赦なく汚染され始めるのは言うまでもないのです。

つまみ出されない内に自ら退出→魅惑のセカンドステージへ(続く・・・)

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2006/03/28

思い出の怖い話 その2

中学生時代のこと。
その頃なぜか妖しげな店でバイトしはじめた。
JAP工房さんというところ。
皮ベルトの鋲打ちから始まって、
高校生の頃では、ありがたくも彫金のほう入らせてもらえてた。

そんなこんなで、シルバーはまってしまって
自分でもオリジナルでちょこまかいろいろ作ってたのよ。
んで、近所のバーで売っては酒代にしてたりしてたってわけ。

当時ハワイアンジュエリーのネームプレートが学生の間で流行ってた。
JAPのバイトとは全く別で、運良くそのオーダーの仕事もらえて、

学校行って~バイト行って~
オーダーやって~っ


・・・・てのが高校生んとき日課だった。
寝る時間ないときは、問答無用で保健室。
オーダーは納期あったから、間に合わないときは授業中にやってた。
シャーコシャーコ、やすりかけてたの、
一応進学校だったんだけど、今思えばよく卒業できたなぁと心から思う。

そんなこんなで、夜な夜な作業してたときの話。(またかよ。)
罠兎さんとこ行くと詳しくわかるんだけど、
金属同士、くっつける(溶接する)には火(バーナー)使うの。

この日は二刀流バーナーだったの。

片方のバーナーのガスが途中で切れた。もう片方のバーナーは火ついたまま。
そのまま切れたバーナーにガス補充してた。(←相当危険)
眠いもんで半分夢心地・・・・・
次の瞬間夢心地気分は一気に火炎地獄と化す。

ようはガス注入口にしっかりはめて注入してなかったの。
いわゆるガス漏れってやつ。
空気中に充満したガスに一気に着火したのであります。

これぞ本当のファイアーオール。イエッサ。

結果

1

ドリフ。
しかも一人ドリフだよ。

鏡に映るのは正にオチ知らずの高木ブー

睫毛、眉毛、前髪全滅しますた。

そっと優しく指先で触れてみる、
枯れ葉の如く、ハラハラと
悲しく舞い落ちる、あたぃの毛髪。

風流ですね。

流石にこの時ばっかりは、
女として生きてく自信を無くしたね。
ちょっと本気で死を考えた、淡くも苦い(苦すぎるって)青春の一コマ・・・・。

そこへ、定番のパピー登場。
酒飲んで帰ってきた後なのだろうが、
玄関開けたら↑こんなのが突然泣きながら飛び出てきたもんだから、
まさに恐怖。酔いも冷めるわ、マジで。

前回のごとくお顔キレイにしてくれて、
どうどうどうしてくれて、寝かしつけてくれた。

皆様、夜中に突然玄関から飛び出てくる
ドリフ娘には十分お気をつけて・・・・。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/03/25

思い出の怖い話 その1

自分の眉間には、消えない傷がある。
今回は実際に自分の身に起こった怖い話。

小学生の頃だったか、流行っていた遊びがあって、
その名も『リリアン』
ふとん針と編み機で、ひたすら筒状のヒモを編んでいき、
最終的に出来あがったものは使い勝手が全く無いという、
自己満足的な謎な遊び。

自分ははまると限度を知らない性格なもので、
もはや3Mはあるだろう無意味な謎のヒモを
小学生のくせに夜なべまでして編み続けていた。

その頃、まだパピーと同じお部屋で寝てた。
ふと夜中に目を覚ますと、隣のベッドにパピーがいない
一階から話し声が聞こえたので、ベッドを降りて一階に向かう。

当時廊下に大きな鏡がたてかけられていて、
夜中は怖いから絶対見ないんだが、その夜はなぜか見てしまった

その鏡に映っていたもの・・・それは・・・。
Photo_1

顔面血まみれの自分
全く意味が良く分からない

なぜこんなにも赤い?ヒトなのか、これは?
なんかの見間違いだろうと思い、
とりあえず、パピーに報告しに行こうと1階へ。

電話中のパピーがわしの顔見た瞬間、受話器を落とし、
『なんじゃそりゃああああぁぁぁ!!』
その声にビックリしてわし号泣。

真っ赤な顔面をパピーがキレイに拭いてくれて、
興奮しきた獣をどうどうどうと落ち着かせてくれる。
ベッドに二人で戻ると、そこには血まみれのふとん針。

そう、リリアンのふとん針だ。
限度をしらないバカ娘は、きっと寝ながらも編み編みしていたんだろう
眠りについて、寝返りうって
Photo_2

まさにこんなかんじだろうな・・・・。

脳天にふとん針突き刺して血まみれになって
なおかつそれでも寝ている娘、まさに恐怖。


この一生消えない阿呆な傷を背負って、今年で私は26になります。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006/03/21

わらしべ長者

ただいまです。
東京から無事に戻りました。

毎回思うけど、飛行機乗ると疑問に思うこと。
おすもうさんて座席どうすんだろ?

一席じゃ、物理的に絶対無理でしょ?
そういった場合チケット連番で取ったりするのかな・・・。
おすもうさん条例みたいなのあって、力士は無条件で座席三つ使っても
一人分のチケットでおっけーとかになってるんだろうか・・・。

さてさて本題
これ覚えてるかちら?
_110_1

バレンタインデーのぼのぼのクッキーね。
東京帰還の際、もちろん愛しのダーリンに会ったの。
そんで、ホワイトデーもらったんだけど・・・・・
_054

・・・・・・・。
自分の目を疑った人、
目こすって、目かっぴらいてもう一回見てましょうか。

_110_1
          これが↑
_054

         これ
・・・・・・・・・。
バレンタインとホワイトデーとは世間ではこういうものなのか?!
2/14のカビ生えかけのラッコクッキーが、
3/14にはi podになっちゃうの!!!???
なんかもらった瞬間バカでかい罪悪感が生まれたのは気のせい!!??
喜びより、オラやっちまった!感がでかいのは、
自分はまだヒトとしての心を持ってると信じていいのか!!??

『実はこのビニールシートはがしたら、
平べったいマシュマロなんだろう。』

いいぇ、違います。
舐めてもくないもの。
長押ししたら液晶光っちゃったもの。

そして、この記事のオチが
全く思いつかない!!!



・・・ということで。
2004092515

こいつでオチってことで許して・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/03/16

寒かったけど暖かかった

東京&山梨のCOLDタッグによって、Showノックアウトです。
風邪っぴきだよ、全員集合!!!!

前回もそうだったんだが、
もはや自分の体は東京の空気を吸うと、
瞬時に風邪をひく体になってしまっているようだ。

やっぱ空気が爛れてるのかしら・・・。

で、そんなこんなで東京→山梨→東京のコースは無事終了。
親族の結婚式だった訳だが、
その神社は東京いたとき、
正月かなんかに酔っ払った勢いで山梨まで来て
千鳥足でお参りしにきた事がある。

なんか運命的だわ・・・。
結構自分の中では、気に入ってる神社だったりする。

Img_0802_2

山道っつーの?入り口からずーっとこんなかんじで進んでくと、

Img_0823

どどーんとバカでかい鳥居があんだ。
逆光で撮ったお気に入り。

Img_0824

神式の結婚式は初めてだった。
なんか全体的にすんごいあっさりしてるんだけど、
え、もう終わり~?みたいな。
イベント化してる結婚式よか、実際心に残ると思った。

なんつーのかな、式の最中
お二方が実に自然だったもんでさ。
実に幸せそうで、仲良さ気でいい顔してますた。

Img_0811

なんか、あれだね。
やっぱ日本人だからなのかしらんけど、
見てると十字架の前の誓いより、
神社での誓いのが神の存在を近く感じる。

上から見守られてる気すらした。
寒いんだけど、ほんのり暖かさを感じる変な感覚。

『このお方たちを末永く見守っててや、神様~!』
って、心の中で何度もつぶやいたさ。

何はともあれ、末永くお幸せに!!

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2006/03/13

ムリムリ

今週東京帰還。
6日間だけなんだけど・・・・。

んで、用事で家族と山梨ちょろっと行くんだけど、
先日の母ちゃんからの電話で

『山梨雪降ってるってよ。防寒ちゃんとしてきなさいね。』

ありえねぇぇぇえええ~、(涙)
行きたくねぇえええええ~、(泣)
白銀の世界はいらねぇぇええ~!(死)

沖縄ったらね、もうサクラなんて散っちゃってるんだから!
ノースリーブ着ちゃう日もあるんだから!!
海開きしてるとこすでにあるんだから!!!
今年入って靴下履いたの数えるほどしかないっつーの!

裸足だっつーの!!
サンダルだっつーの!

春のホカホカうらら気分堪能してるとこに
一瞬にしてブリザード体験ってか!!??

絶対ムリ。
多分、雪の中あたぃ死んでる。


骨は拾ってくれよ・・・くまた・・・。(キャタツ)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006/03/09

イナ・・バ・ウア・・

自分は枕元にいつもメモ紙とペンを置いている。
なぜかっていうと、寝ぼけて電話とった時、
二度寝しちゃうと話した内容、きれいさっぱり忘れちゃうから。
仕事の電話もあるから、寝てるときでも油断ならんのね。
(二度寝しなけりゃいいじゃん・・・。)

今日起きて、まず部屋の掃除機がけした。
メモ紙がいつもと違う所に転がってるのに気づく。
拾って手に取ってみた。

_055_1

なんだこれ?
全く読めない・・・・・。
自分の部屋には誰も入れないから、自分が書いたに決まってんだけど。
ミミズがのたうちまわってるっていうか、ミミズにもなりきれてないてない字だ。

自分は自分に一体何を伝えたいんだろう。
ダイニングメッセージ・・・?
何かきっと大切な物が書かれてるに違いない。
一文字一文字目をこらして、解読してみた。

い・・・・・な・・・・・・・・・
ば・・・・・・・・
う・・・・あ・・・・・???????

イナ・・・・バ・・・・ウア・・・・・・・・・・。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

イナバウア!?

なんだなんだなんなんだ!!!???
わし、寝てるときに
一体何があったんだよぉおおおお!!!!!
イナバウアすんのか??!!
気持ちわるっ!!!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006/03/06

Bike Team はぃさいアメリカンズ

うるま市最強バイクチーム編成しますた。
人数はまだ少ないけど、マジ最強よ、最強。

早速メンバー紹介といきましょう!

総長:あ~ぐ~にぃ
_1_1

この総長は凄い。
何が凄いって、こんだけの数のバイクの所有者の上に、
ね~ねぇにはからっきし弱いときたもんだ。
土曜の集会は、スナック『愛』がこの総長の作った唯一の鉄の掟。

ちなみに両端は三輪で、ノーヘルで乗れる。
たまに拝借するけど、気持ちいーんだな、これがまた!


特攻隊長:Show

_052

さすがに125ccはちっちゃいねぇ~、(あたぃがでかいのか・・・?)
素早い行動力と、ピカイチの凶暴さで今日もぶっ込みですわ!!

弾丸小僧:HIRO

こいつはうちのNEWホープ。
こいつのやんちゃぶりは総長より凄い。

毎日毎日エンジンふかしてブンブンブン乗り回す。
マシーンは警察使用のハーレーと、また凄いのに乗っかってるのよ!
紹介します!うちのイチオシ弾丸小僧、HIROです!!

_050_2

・・・・・すごいっしょ?

2歳にしてハーレー乗り回してるのよ。マジスゴスギ。
ちなみにこのハーレー充電式
時速5km
ドリンクホルダー搭載

連続一時間は走るよ。電気で走るなんて最先端なんだ!!!
_049_1

フロントには『POLICE』ってロゴついてるし・・・・。
やべー、こいつで追われても確実に逃走できるし・・・ハァハァハァ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/03/04

妖気アンテナ その2

今日はいい天気だぁ~。
いい天気なのでヒデ君(エリミ250)のぶっち切れたクラッチワイヤーを直した。
ついでにキャブのお掃除もしますた。

そんなこんなで手がオイルとサビで真っ黒。
ネイリストというより工事現場のおっさんの手です。
だもんで、(なにが?)少しヒデ君と海辺をお散歩してきた。

Tシャツのまんまだったから、ちょっと肌寒かったけど、
気持ちえがったぁ~、やっぱ単車はイイ!!!

んで本題

妖気アンテナ その1の続きっす。
場所は沖縄市のコザクラというカフェでした。
入った時には、もう1stステージ終わっちゃってて、
あの妖しげな妖怪Mr.スティービー
お店の中をウロウロしてるではねぃか!

イェッサ!とりあえず、相手が妖怪であれ、ご挨拶は大切です。
自分が真面目に丁寧に、自己紹介をし終えると、

『はぃさーぃ!Sho~w!!
あんたそんな真面目なキャラじゃないっしょぉ~!!
Showってよく、ニューハーフに間違われなーい?』


な・・・・なんて初対面で失礼な妖怪だ!!!!
という前に、自分の正体バレてる!?!?

だ~れも知らない 知られちゃいけ~なぃい~
Showはおかまか~お~なべなのかぁ~あ~

女ですってば。
皆さん、もう一度言いますよ?
女ですってば。

さぁさぁ、この話題は置いといて・・・。
ってか、この妖怪ってばまたやってくれた
2st目のディスコタイムにマイク通したでっかい声で
『Sho~wさ~ん!マイクスタンドで
ポールダンスやってぇぇ~!!』
なんて、言い出しおった!!!!
おかげで観客の注目の的。(涙)

こやつ・・・・・で、できる!わしをくまなく分析しておる!!
あたぃったら、妖怪退治しにきて返り討ちにあってる!!

こんなことがありつつも、なんだかんだかなり楽しみましたw
あのガングロなお顔からは全く想像もできない
ソフトタッチでちょっぴりスパイシーないいお声でした。
トークの方は言うまでも無く、やっけぇ~オモロイです!

ライブ終了後、飲みつつだべり、
妖怪とニューハーフはもうすっかり仲良しに(笑)

また行くからねぇ~!

・・・・・で。
例のポールダンスは結局どうなんだって?
もちろん・・・・・・・・・。やるわけ・・・・・・な・・・・

やっちゃったよ。
あー、やってやったさ、それがどうした!!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/03/02

ヤギ

うちの店の近所には、とっても気になるお店がある。

_045

ヤギ汁の店。
未だ入ったことはないが・・・・・・、
沖縄では慰労会や行事食として人気が高いらしい。
山羊はヒージャーっていうんだってさ。

_046

ちなみに営業中の看板がかけてあるのに
シャッター閉まりかかってるのはなぜだろう・・・・?
まだお昼時よ?掻き入れ時よ?

沖縄の人の仕事っぷりは
いつ見ても脱帽です。

っていうかね・・・・、
なんで私がこのお店の画像撮ったかというとだね、
先日コンビニに行くのにこの店の前を通った時、
不思議な声が聞こえたのだ。

いつも通ってる場所なのに、この日だけかすかに聞こえたの。
何かね、もの寂しげな、メランコリーな声だった。

その声のする方へ、あたぃは呼び寄せられるように近づいていった。
行き着いたところは例のヤギ汁の店の裏

そこで見たものは!

_047

ヤギ。
ヤギだね。

思いっきしヤギじゃん。
これでもかって位、ヤギだな、おい。

_048

あら、かわいい!!
おこちゃまもいる!!もしゃもしゃハッパ食ってるし!

・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・じゃなくってっ!!

私を呼んだのはおまえらだったのか・・・・。
そうか・・・・、
あの店で出てくるお椀に入るのはおまえらなんだな・・・・。
そりゃ、悲しくて泣きたくもなるわさ!!!!
泣け!思い切り泣けばいい!
おまぃらの悲痛の声はあたぃが聞き届けてやるよ!!

明日になって何匹か減ってたら
ちょっと凹むなぁ・・・。

余談
彼らの写真撮ってる際、
お店のお兄ちゃんなのかしらんが、声をかけられる。
『君ヤギ好きなの?一匹持ってってもいいよ?』

いらねーっつうの・・・・。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »