« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006/01/30

罠兎Nail その2

タバコ吸い終わって、作業再開。

とりあえず、ウサギ上半身固定させるっていうか、
アクリルん中埋め込んじまう。

折角なので金ラメも埋め込む。

_066_1

ここでテーマみたいのが明確になる。
あ、そうそう罠兎だから、捕らわれてて逃げようとしてるのがいいね。
(そのまんまだし・・・。アホかっちゅーねん!)

窒息死したウサギ。

_067

埋めたりますた。
あんよは少しお外に出したいので後から別の方法で埋めるだす。

_069_1

全体的にファイルかけて形整える。
ほんであんよをつける接着役割と、光沢を長く保たせるためにうってつけの
ジェルっちゅーもんを使う。
全体に散布して、UVライトで硬化させるです。

_074

罠兎 IN 日サロ。

ほんで、出てきたこいつに何をしてやったかというと・・・・

_076

足枷つけてやった。
テキトーに作ったブラックの先端が作ってるうちに
鉄格子に見えてきたの。

ゴールドのラメは『お外にでてらっしゃぁあ~ぃ、ウサちゃ~ん、
こっちは極楽浄土よぉぉ~。うふふふ~っ。』
みたいなかんじしない?しないって?

多分その3に続く・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

罠兎Nail その1

先日深酒して作ったウサギ。

翌朝自分は自分を問いただしたかった。
小一時間問いただしたかった。

われ、こいつをどないせーっちゅーんじゃ。

とりあえず酔っ払いウサギは断面もしっちゃかめっちゃかだったので・・。

_056

とりあえず補修。
次に取り出しますは、

_071

クリアチップ。
さて取り出したはいいが、どうしようね。

自分は全く計画性のないアーティストです。

こんなん作ろうって先に考えて作るってより、
何も考えずとりあえず作り始める。
失敗したら問答無用でゴミ箱。

しかしこのウサギ・・・、もう作りたくないから
ゴミ箱行きは避けたい・・・。

とりあえず、先端にアクリル乗っけてみる。

_063

弾丸みてー、ププ。
んで、右手がなぜかリューター握ってたので掘ってみた。

_064_1

フムフム・・。
姉さんの携帯に合うじゃん。
ウサギ突入。

_065

さーぁてこっからどうしよ・・・・
とりあえずタバコでもふかします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/01/29

撃沈

最近知り合ったあるべっぴん大学生さんからお誘いがありました。

『これから是非イベント一緒にやりましょぅっ!今後の企画のお話も兼ねて、
今週イベントあるのでよかったら、きませんかー?』
ってなかんじで。

営業兼ねて、早速昨晩行ってきた。
あわよくば、久々朝まで踊り狂って汗かきまくろーってな具合に
ルンルン気分で足を運ぶ。

宜野湾の大謝名に着くと、ある一角に人溜まり。

ここだろな~、と近寄ってみると
べっぴん大学生SちゃんMちゃんに『こっちですよ~。』
と、中へ連れられる。

・・・・・・・・・・。

こういう場はないちで存分慣れてるはずなのに、なぜだろう・・・。
大好きな爆音が耳にちっとも入ってこないのだ。
まだ酒飲んでないからか?いや、違う。そうじゃない。

なんか激しくこっぱずかしい感。
踊っている男女の絡みが見てて妙に照れくさい・・・。
男に声かけられると、笑顔で逃走する始末。

ど、ど、ど、どうした!?どうしたんだShow~!!??
おまえはこんなんじゃなかったはずだ!!
夜な夜な店の明かりが上がるまでしつこく踊りまくってた頃を思い出すんだぁ!!
あの頃は靴ほっぽって足真っ黒にしながら裸足で踊ってじゃないか!
カウンター上がってコヨーテアグリーしてたじゃないか!
男は手の上で転がしてなんぼだったじゃないか!!
外人さんだって、平気だったじゃないか!!
生娘じゃあるまいし、頬染めてる場合じゃない!!
自分で自分が気持ち悪いわ!!

SちゃんMちゃんとお話して、
ビール1本かっこんでそそくさと逃げるように立ち去る。

踊りたかった・・・・・・。
踊りたかったんだよ・・・。ママン・・・。

反省を兼ねて帰り道に自分分析。

思い起こせば沖縄に来てからというもの、
唯一絡みがあった殿方っていったら、

近所の2~9歳。

そのパ~パ達と、おじぃ達40~歳。

牛とか犬とか。

10~30代の免疫が完全に消え失せてる・・・・。
ない・・・、ないんだよ・・・・!!
外人さんがどうとかじゃなく、
男に対する免疫が完全確実に無くなっているのだよ!


うぉおおおおお~!!こんなはずじゃない!!

彩姉さあああぁ~ん!
オラにエロス玉をくれえええぇぇぇぇ~!!

今回オチナシ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/01/25

保健室の先生・・・じゃなくって・・・・

突然だが、Showは先生になることになった。

そう、男子校の保健室の先生。

・・・・・じゃなくて・・・。
Nailの先生だす。

後日記事に詳細は載せるのだが、
今、名護の美容師さんに誘われ2月下旬にイベントを予定している。

イベントの内容はヘアデザイン、ネイルと、ダンスショーのコラボ。
レゲエ、HIP、ジャズ、バレエ、琉舞などのダンサーさんのショーに合わせ
ヘアデザイン、ネイルを即興とかでやってくってかんじ。

まぁ、この話は近々またします。

ほんで、この名護の美容師さんに、
『うちのスタッフにネイル教えてやってくれない?』
との、ご要望が。

教えるって言っても、認定講師資格持ってないし。
取得してもディプロマも出せないし・・・。

ん~、どうすんべかなと最初は悩んでいたのだが、
なんせ新しい試み大好きっ子なので、承諾。

店もあるので、週一で3時間の授業。
とりあえず、二人受け持つ事になりました。

しかも一人は同い年の男の子なの。フフ

ところで保健の先生はどこ行った?!

うんうん、それはさ、ようはあたぃの憧れの職業な訳。
イメージは『うる星やつら』のサクラ先生よ。(ふるっ!)

白衣の下は奇抜な私服という定番スタイル。
っていうか、ただのエロおやじだよ・・・・。
ほんでかわいい男子生徒が怪我して来たら、
ハンパなくしみるエタノールをぶっかけて、
泣き叫ぶ顔を見ながらニタリ。

熱出してベッドで休んでいるかわいい男子生徒がおれば
その横にそっと現れ、獲物の善し悪しを確認するが如く
すみずみ汗を拭き取ってさしあげる。


私の尊敬する師匠は『杉本彩』。
彼女はいろんな意味でもう宇宙人だ。

師匠は言っておられました、『エロスは女性を輝かせるのよ。』

って・・・脱線してきましたが、
先ほどの妄想のような危ない先生にならんよう、頑張ります。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/01/22

罠兎って著作権あるん?!

以前罠兎さんから選別で頂いたゴージャスピアス。

Kinusa1_1

ちなみに今自分は相当酔っ払っている。
酔っ払っているからこそ、著作も画像転写の問題も考えられない。

っていうか君、何したいの?って皆さん思うかもしれない。
あのね、この選別もらったときに、
罠兎にさらっと口約束したの。

お礼に罠兎のネイル作って送るね!って・・・・
でも、私はすっかり忘れていたの。忘れていたのよ・・・。

んで、罠兎ブログの前々回の画像見て、
ハッと思い出したさ。

Usa1

最初ちっちぇ~の切り出すな~って思ってただけなんだけど、
指先サイズ=ウサギ=Nail
ってなんかみるみる思い出して、あっ!そういえば!
ってさっき思い立って、切り出した。

_050_1

スカで使う、アクリル薄く延ばしてアクリル板作ってから
カッターで切り出した。

切り出したはいいけど、なんせ細かくて・・・
柔軟性あるからリューター使えないし。
今あるファイルでなんとか角落として丸みだしたけど
酔っぱらいにはここまでしかできないと中断。

しかもよーく、お手本見ながらやってたんだけど、
気づけば足の向きとかおかしいし、なんかマッチョウサギだし・・・。

とりあえずこいつ使って
明日空いた時間でためしにNeilつくってみるべ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

恐怖体験

その日はまだまだ暑い日だった。
ビーチパーティー開催!!(おいおい一体何月だよ・・・。)

つーかなぜか陸上、海上自衛隊のその会にお呼ばれされる。

海上自衛隊(三等兵-笑)の友達に 近所のビーチに連れてかれると、
そこは青い海!
海猿のごとくマッチョ~&若いだんすぃ~のパラダイス!!

・・・・な~んて甘いことあるわきゃなかった。
おっちゃんおっちゃんおっちゃんの嵐!!
その子供その子供その子供の嵐!!

ささやかな期待は実現しなかったので、
目的変更!食う!食う!食う!食う!
飲む!飲む!飲む!飲む!

昼から飲んでたはずなのに、すでに日は暮れ、
そして私はなぜか全身ずぶ濡れ。

えぇ、酔っ払ってあたくし服のまんま海入って泳いだ。

生乾き臭発しながら、二次会はカラオケに。
沖縄にもカラオケなんてあるんだな~と
ふざけた疑問を抱きながら車を走らせる。

あっちゅ~まに12時を回り、流石にお開き。
自分は友達の三等兵に家まで送ってもらう。

三等兵の車はトラックだから二人しか乗れない。

そう、乗れないんだよ。
乗れないんだってば。

なのに荷台から妙な物音が聞こえるのだ。

カッカッカッ・・・
コンコンコン・・・
ぶふぉ~ぶふぉ~・・・・
鳴り止まない音。

化け物か!?化け物なのか!!??

振り向きたくない・・・

どうしよう、どうしよう。
振り向いたら髪の長い女がよつんばいになってたらどうしよう。
マジ勘弁・・・。(涙)

三等兵と顔を合わせ互いに意を決し
いっせ~のせで振り向く。






・・・・・・・






ぎゃああああああああああああああああああああぁぁぁっぁぁぁぁあっぁぁぁぁぁぁああああ!!!

なんかなんか、
荷台でなにかがうごめいている!!!

ぎゃあああああああああああああぁぁぁぁぁ!!!!!

バン!!
バンバン!!!!

後部座席の窓に大きな音を立ててぶつかってきた!!

しかもこの化け物メガネかけてるぅぅぅ~!!
しかもちょっとハゲてるぅぅぅううう~!!
もうだめだああああ・・・
呪われて死ぬんだああああああああああああぁぁぁ・・・

70235320_12s





・・・・ん?




ちょっと待て。




よく見りゃさっきまで一緒に飲んでたおっさんじゃねーか!!
『K(三等兵の名前)~、家まで送ってくれぇぇええ~。』

おまぃ!こんにゃろぃ!!! 心臓止まるだろぅが!!
つかいつの間に荷台のっかってんだよ!

その後、そのおっさんは荷台の上で体育座りのまま
無事に自宅へ送り届けられた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/01/19

すんげぇいいもん見た!!!!

沖縄移住、早くも4ヶ月。
思いもしなかった昨晩の体験。

ここに、ありったけの思いを綴ろうと思う。
長くなっちゃったら失礼。

ここ最近店の宣伝として、夜中に繁華街に出掛けては
キャッチ中のおねぇちゃんを捕まえたり、
キャバやスナックの中に侵入して、
フライヤー配ったり、サンプル見せたりしている。

こんなことをしてると、
時たま思いもよらぬ事が起こる。

昨晩は上地という場所に足を運んだ。
閑古鳥という言葉が良く似合う場所ながら、
スナックやクラブ(キャバね)の数がハンパなく多い場所。

いつも通りボーイさんや店長さんやママさんに
許可を頂いてから内部に侵入する。

最初のうちは流石にびびってた自分だったが、
人間慣れのイキモノ。
今では図々しく女の子の待機室までにも入らせてもらったりもする。
東京だったら絶対こんな営業法は通用しない。
門前払いもいいとこ。

そこは、さすが沖縄。
今んとこ100%営業の許可をくれる。

昨晩は若い子いそうなとこ狙って、20件くらい回った。
今回はその内の一軒のお話。

そこは門構えが結構キレイで、かなり爆音でレゲエがかかっていた。
クラブ(踊るほうね)だーwと思い
早速入り口に近寄った。

自分はかなりの音好きなので、ちょっとワクワクしながら中を覗く。

入り口にはチェーンがかかっていた。

それでもめげず、チェーンが伸びるとこまで中に図々しく入り
『すみませーん!』と爆音に負けない大声でスタッフを呼ぶ。

出てきたのはターンテーブルの横にいた外人さん
とりあえずがっちり日本語で説明すると、
『ウチハダンサー二人イルカラ、ソノ子達ナラ興味アルカモネー。
中入ッテ話シテミマスカ~?』

なんか久々の爆音にココロオドル。
やっぱいいね、音サイコー。
『せっかく来たんだし、踊ってってもいいよ?』なんて言ってくれたら嬉しいなぁ・・・・。

とりあえず営業が先だと思い、中でダンサーの子を待つ。
ふと辺りを見渡した、その時だった・・・。

ポ・・・・、ポール??????

な、なんかTVとか映画で見たことある・・・・。
ポールに絡まって外人のおね~ちゃんが踊ってる。

そういや、『フラッシュダンス』とかでもあったもんね。
外人やっぱやることカッコイイだね!・・と、
感心しながら見ていた次の瞬間・・・。

おね~ちゃん!乳出てます!!!!!

乳出てますよ!!!

オロオロしながらも営業話を続けるが、
おね~ちゃんが気になって気になって、
すでに何言ってるのか自分でも分からない。
すると・・・・

客の一人が舞台の上のおね~ちゃんに近寄って、
揉んでいる!!!!

揉んでいる!揉んでいるよ、お母さん!!!

おかあああああああああああああさーーーーーーーん!!!!
25年間生きてきて、まさか沖縄で見るとは思わなかった。

ストリップ劇場。

『せっかく来たんだし、踊ってってもいいよ?』

踊るか!あほがぁぁぁ!!!!
あほがぁぁぁ!!!!!!

家に帰ってきてからしばらく、
悶々として寝れなかったのは言うまでもない・・。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006/01/18

うちの兄貴

何を隠そう自分には顔がクリソツな兄貴がいる。

親友からも絶賛されるほどのモノ。
一緒に歩けば、そっくりですね~と見ず知らずの人から声をかけられるほどだ。

でも兄貴と私は産みの親が違う・・・。

うちの兄貴はイモが大好きだ。
じゃがいもやサツマイモを見るとハンパなくヨダレを垂らす。

うちの兄貴は目が青い。
見ていると吸い込まれそうになるほどキレイ。

うちの兄貴はでかい図体のくせに小心者だ。
小さい頃、いじめられては良く泣いて私のもとに走ってきた。

うちの兄貴は枝豆はきちんと皮を残す生粋のぼっちゃんだ。

うちの兄貴は自分で掘った穴によくはまる。

そんな愛すべき兄貴を紹介します。

_001

ちゃむです。
今年で14年目の大台にのったシベリアンハスキー君。
実家で幸せに暮らしています。

今日の兄貴はレモンをかぶってます。

8

何気に大家族。
くまた(キャタツの我が家での呼び名)早く帰っておいで。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/01/17

野生の王国

相変わらずの日々。
招きもしないのに誰かしらうちにいるという始末。

まぁ、人間嫌いじゃないし。
ま、いっか。

しかーし、勘弁ならんこともやはり出てくるもの。

わしは沖縄越してきてからというもの
昼夜逆転の生活が一気に反転し、11時には床につく。

なのにチビ共はうちでその時間まで元気に遊んでいる。

布団に入りぬくぬく幸せに浸っている時、
『ね~ね~、みてぇ~。』
瞳をかっぴらくと目の前にクワガタ持ったチビ。

寝起きクワガタ(しかも裏側)勘弁ならねぇ・・・。

ある昼時、ベランダに洗濯物干してた時だった、
『ギャー、キャー。』庭から聞こえる、奇怪音。

『ね~ねぇ~、こっちきてぇ~』

チビに呼ばれ庭に行くと、そこには至近距離でコウモリが。
みんなで捕まえる。
・・・・・・網で。
みかんあげる、しかもちゃんともしゃもしゃ食ってるし・・・。

Photo_1

意外と顔かわいいじゃん、コウモリ。
『罠兎』で先にネタに使われちゃったけど・・・。
フワフワしてんの。しかも羽がレザーっぽくてイカシテル。
カギヅメみたぃなのがついてて、こいつで木の枝やら棒に引掻かる。
どんな体勢にしてあげても、奴ってばやっぱり逆さ向きになろうとする頑固者。

グァムとかでこいつ食うらしいね。
しかし至近距離はなかなかキッツイ臭い。
流石に食えんわぃ。

庭で飼うって話も出てたんだけど、
観察した後はちゃんと放してあげました。

うちん中にゃヤモリいて当たり前。

わんさか虫ブンブン祭り。

たまにゃ不思議生物も現る。

虫とか爬虫類結構嫌いだったんだけどな・・・。
今でも嫌いなんだけど、最近は飛んでる虫をぱしっと手で捕まえられる。
動体視力と瞬発力、確実にレベルアップしてます。

箸で捕まえられる日もそう遠くなかろう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/01/13

迷彩バカ

何を隠そう私は迷彩バカです。

_035_1 

小物やバック、おぼうしも迷彩。

_034_1 

お部屋のカーテンだって迷彩。スティッチも好き。

_033

スーツケースもお布団も枕も迷彩。
ちなみに下のじゅうたん?は、人工芝をあしらっております。
フローリングシート買う予定が、なぜか人工芝買っちゃったんだよね・・。

本題
最近めっきり自分のネイルをキレイキレイしてなかったので、
久々に時間かけていじってみた。

ということで・・・・

_038

やっぱり迷彩。

_041

ジッポも迷彩。

ところで家のすぐ側に米軍基地がある。迷彩柄のトラックとか
戦車みたいなモンスターマシーンがそこら中走ってる。

激しく羨ましい・・・・

いっつもよだれ垂らしながら見てます。
私のささやかな今の夢は、車を迷彩柄にして屋根にバズーカ装着させることです。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006/01/11

するどい突っ込み

先日NYにいる友達(あっぱれなお人々参照)に
年始のはっちゃけた写真を送って見せた。

_014_2

かわいいでしょ~、と見せた自分の思惑とは裏腹なコメントが帰ってきた。

『スティッチがどうこうより、後ろの酒瓶が気になるわ!
おまえんちは酒屋か!』

『あ・・・、あ・・・・。』

_029

こ、これね・・・・。

う、うん・・・。確かに・・・・。
前に並んでる3本以外全て空瓶なんだけどね・・・・。へへ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/01/10

沖縄家庭事情

良く耳にする沖縄の三か条。

①結婚率 No,1
②離婚率 No,1
③失業率 No,1

さほど気に留めていなかった、そんな日常から反転。
それは入居後の間もない頃だった。

私が入居してしばらくの間、確かに奥さんはいた。
だが最近見ないのだよ、全くもって。

見て見ぬふりするしかない。
人の家庭に首突っ込むなんてまっぴらごめん。
わしは安息で静かな生活を送りたいのよぉぉおお!!

そんなある日、

『ピンポーン』

今日は看板無視かぃ!
さーてそろそろお灸でも据えてやるかと、玄関を開ける。

あれ・・・?父ちゃんだ・・。

『ちょっと、いいねぇ~?ま~まが出てっちゃったぁ~んだぁ~。
ど~すればいい~ぃねぇ?』

愕然・・・・・・。



小動物七匹に加え、現実を受け止められないヒト科-一匹。
Show Nail-Open前の常連客、計八名 ここに有り。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/06

奇襲攻撃 その2

タタタタタタ ボテ ビエーン

永遠に続く奇怪音。
東京で友達の子供の世話なんてしょっちゅうしてたけど、
流石に7匹いっぺんてのはねぇ・・・・。

しかもどこから湧いてくるのか
いつの間にやら10匹になってる。 シクシクシク

よく、ペット業者のお散歩で使う10又のリード。
あれほしい。

ダンボールの荷物も小動物達もてんで収集つかないから、
諦めてDVDでも見ようかね。

ティムバートンの『Nightmare Before Christmas』
人形劇のお気に入りの映画。
そういや、暑くて全然気にならなかったけど、もうすぐクリスマスだなぁ・・・。

およよ?

映像が始まると同時に小動物共の動きが止まり、床に座り出す。
なるほど・・・、そういう仕組みになってる訳か・・・。

大人しく見てるうちに挨拶回りだ!と思い、そ~っと部屋を抜け出す。

『ピンポーン』『ハーイ』
お、やっと反応あった!

『昨日隣に引っ越してきました。
ご挨拶遅れましたがよろしくお願いします~。
あ、あとお子さんがうちに来てますけど、
お夕飯時には返しますのでご心配なさらずに。』

『あ~、ほんとねぇ~、もう仲良くなったねぇ~。
迷惑だったら追い出していいからねぇ~。夕飯食べてくぅ~?
あ、うちのバイク鍵ついたままだから勝手に乗っていいよぉ~』

何かが間違ってる・・・・。無法地帯だ。
東京生まれ東京育ちには全く理解できん・・・。

これが田舎ってやつか!!


前途多難というより、なんか未知の世界にココロオドル。

とりあえず全部回って、自宅へ・・・。なんかもう細々したの見慣れてきた。
私が腰を下ろすと、チビがちょこんと乗っかってくる。

『あったけー・・・。こういうのも悪くないね。』

予想通りの展開で、翌日からこの状態が当たり前の日常になる。

もちろん、仕事の作業中は壊されたりでもしたら困るものばかりなので部屋に入れない。それでもピンポンが耐えないので、こんなものを作ってみた。

【おしごとちゅう。ピンポンきんし!】

と書いた看板。即効威力を発揮する。

シーン・・・。いいねぇ・・・。久々の静寂・・・。

シーン

シーン

シーン

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・








コンコンコン!!!

ピンポンだめならコンコンか!あったまいいな!って、おまぃらアホかぃ!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/01/01

奇襲攻撃 その1

新年明けましておめでとうございます!
今年もよい年でありますように!
引き続き、皆様の暖かい応援メッセージ
心よりお待ちしております!うふ。

引越し初日ダンボールに囲まれつつ床の上での目覚め・・・。

挨拶回りでも行くかと思い、とりあえず粗品購入。
5世帯の平屋なので全部回らなきゃですな・・・・。

玄関を出ると学校帰りの子供たちの元気な声が。
んー、元気でよろしい。

なんでかこの世帯の玄関はどこも開けっ放しですけど、大丈夫なのか・・。

『すみませーん、どなたかいらっしゃいますかー?』
『・・・・・シーン。』


何度叫ぶも、返答あらず。
誰もいないのになんで開いてんだよ・・・。
すると足元から声がする。

『ね~ねここにおひっこししてきたの?
まーまもぱーぱもおしごとでいないよぉ~』
『そっかそっか、じゃあ帰ってきたらご挨拶しに行きたいから、
おうちにこれ置いといてくれるかな?』・・・と粗品をちゃっかりチビに渡す。
夕方じゃないとやっぱり他のところも帰っていなさそうなので、
とりあえず待機。

うちに戻ってダンボールを開けまくる。んー収集つかん・・。
いつになったら人間の住める環境になるんだろう・。
と頭を抱えていると・・・・『ピンポーン。』

はーい、と玄関開けるが誰もいない・・・。
なんだなんだ、昼間っから怪奇現象か?
・・・と思うと、下にいた。さっきのチビだ。

『ね~ねどこからきたのぉ?あ!すてぃっちぃーだ!
さわってもいい~い?いい~ぃ?』

わしの唯一の癒しグッズ、リロ&スティッチの
スティッチぬいぐるみを発見したチビは、スティッチに直行。
『ね~ね、すてぃっちま~り~とけんたぁ~にも見せていい~ぃ?い~ぃ?』
『あ、うんうん、どうぞ。』返事を聞いて即座にチビはタタタと玄関を飛び出す。
兄弟でも呼びにいったのかね。

『ピンポーン。』
さっきのチビを先頭に一匹・・二匹・・・・



おいおい、ちょっと待て。



何匹いんだよ一体!!!。



チョロチョロ動くちっちゃな生物を数えるのは骨が折れる作業です。
数え上げた時既に遅し。総勢7匹。

一気に喋るから何言ってんのかわかんねーし!
まだ日本語になってない奴も交じってるし!
すでに何匹かベランダに散ってるし!
とりあえず散らばった奴らをとっつかまえて一ヶ所にかき集める。

『えーと・・・。君たちは一体どこの子かね?』
質問するとまた一気に喋る・・・。たまらんわぁ・・・。

一番大きく人間らしさを持った子を指指して答えさせる。
話を聞くと五世帯中二世帯の子供達。
親は共働きで、この時間帯は子供達だけで放し飼いらしい。

噂には聞いてたがほんまに沖縄って一家族に対して子供多い・・・。
身元は判明したのでとりあえずほっとく。
さっきまでだだっ広く閑散としていたはずだった3LDKの部屋は
一瞬にして託児所と化した。
_088_069

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »